« まだいます-ハクガン | トップページ | 江戸家猫八さんが・・・ »

2016年3月29日 (火)

江戸川の河川敷で取材-このは

 本日は、文一総合出版社の『このは』の取材で、松戸の江戸川に行きました。このはシリーズには、フィールドに持って行きやすいサイズの「miniこのは」があり、現在『声から鳥がわかる本』が企画進行中です。
 いつもの編集者のS水さん、カメラマンのS原さんといっしょです。先日までの寒さが、ウソのような暖かさです。ヤナギの芽吹きの黄緑色、菜の花の黄色と春の色がそこかしこにあるので、取材はとても楽でした。
 鳥のほうは、ヒバリのさえずりが太陽の光といっしょに降りそそぐなか、ゆったりと飛ぶアオサギ、タヒバリの数10羽の群れが珍しかったです。そして、クイナが近くでじっとしていてくれました。こんなにじっくりとクイナの見たのは初めてです。

Waterrail150329

 面白かったのは全員、花粉症。「ズルッ」と鼻をすする音の中での録音となりました。

« まだいます-ハクガン | トップページ | 江戸家猫八さんが・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川の河川敷で取材-このは:

« まだいます-ハクガン | トップページ | 江戸家猫八さんが・・・ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ