« 六義園を通過するイカルのさえずり | トップページ | なんだべ?-謎の声の正体は? »

2016年5月 7日 (土)

ムギマキのさえずり

 今日は、風も強いし仕事日和、そのまえに頭をすっきりさせようと散歩に出かけたら、K上さんにばったり。なんでも、ちょっと離れた公園にムギマキのいるとかで、そのままいっしょに向かいました。
 公園に着くと、ムギマキのきらびやかなさえずりが聞こえます。スダジイの混んだ葉の中でさえずっているので、姿は見えません。すでに、数人集まっていたカメラマンが、一生懸命さがしています。
 こちらは少し離れて録音開始です。しかし、風が強くて葉の擦れる音が凄いです。隣の公園では、運動会でしょうか。アナウンスが盛んです。さらに、隣接する住宅ではのこぎりでものを切る音がたえず聞こえます。強風と都会の騒音の中での録音となりました。それでも、頭の上でさえずってくれたので、なんとかとらえることができました。
 PCM-D100で録音。ボリュームを少し上げて3,000Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。



 その後、姿を確認すると頭から背中が灰色、喉がかろうじてオレンジをしていて、去年生まれの雄のであることがわかりました。にも関わらず、さえずりは成鳥の雄とかわりなくしっかりとしてものでした。
 私は、ちょうど今頃、新潟県の粟島で録音したことがあります。そのときの録音と比べて見ると、声紋のパターンはほぼ同じでした。そのほか、ネットで聞くことができる音源で比較しても、それほど大きな違いがありません。ムギマキは、キビタキほどさえずりにバリエーションがないようです。
 それにしても、都内でムギマキのさえずりが録音できるとは、この季節ならではです。
 情報をいただいたI上さん、連れて行っていただいたK上さん、ありがとうございました。

« 六義園を通過するイカルのさえずり | トップページ | なんだべ?-謎の声の正体は? »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/63594967

この記事へのトラックバック一覧です: ムギマキのさえずり:

« 六義園を通過するイカルのさえずり | トップページ | なんだべ?-謎の声の正体は? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ