« 朝のコーラス-六義園 | トップページ | ムギマキのさえずり »

2016年5月 6日 (金)

六義園を通過するイカルのさえずり

 イカルのさえずりは、かなり地方による違いがあると思います。昔から言われていた「お菊24」は軽井沢のイカルのききなしで日光では通じません。ですから、越冬したり通過していくイカルのさえずりから、繁殖地があるていどわかるのではないかと思っています。
 先日のタイマー録音でもイカルのさえずりが録音されていました。軽井沢、日光とも違った節で鳴いていました。YAMAHA W24で録音。1,000Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。



 短めで軽やかな節回しで、楽しげに聞こえます。あるいは、何か訴えているかのようにも聞こえます。
 実は、5年前にも同じ頃、六義園でイカルのさえずりを録音していました。そのときの記事と音声が下記のURLです。
  http://syrinxmm.cocolog-nifty.com/syrinx/2011/04/post-babf.html
  この時と今回の節が、また違って聞こえました。地方による違いの法則性がわかると、ある程度の目安がつくと思うのですが、まだそこまでのデータがありません。バードウォッチャーの多くが、野鳥の鳴き声に関心を持ってくれたら、すぐにでも解明できそうな課題です。
 

« 朝のコーラス-六義園 | トップページ | ムギマキのさえずり »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/63591000

この記事へのトラックバック一覧です: 六義園を通過するイカルのさえずり:

« 朝のコーラス-六義園 | トップページ | ムギマキのさえずり »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ