« 大阪で講演をします | トップページ | 明日から谷津干潟のワイルドライフアート展 »

2016年8月27日 (土)

岡崎立さん13回忌-『だから からすは』

 野鳥の精密画で、一世を風靡した岡崎さんが亡くなって12年目、今年は13回忌だそうです。私と同年の知人のなかでは、もっとも早い夭折でした。
 もし、私が12年前に亡くなっていたら、あの鳥にも会えなかったし、あそこにも行けなかった、そしてあの仕事できなかったと思ってしまいます。逆に、もし岡崎さんが生きていたら、私以上にいろいろな仕事の野鳥の世界に残してくれたのではないかと思うと悔やまれます。
 岡崎さんの細密画は、胃の痛くなりそうな作風でした。しかし、インタビューをしたことがありますが、のんびり、のんき、質素と言ったところがキーワードの方で、飄々したところが魅力でした。もし、そのまま年を取ったら、今では仙人のようになっていたことと思います。
 奥さまから、13回忌を記念してと本をいただきました。精密画かと思ったら、意表をつく版画の絵本でした。タイトルは『だから からすは』、生前に戯れに作った自家製本を元に制作されたそうです。岡崎さんの飄々した部分が、色濃く顕れている内容となっています。

160827

 木犀社から発行されています。1,400円+税です。

« 大阪で講演をします | トップページ | 明日から谷津干潟のワイルドライフアート展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

松田様
ブログでのご紹介ありがとうございます。 CDも本日届きましたので、お供えしておきました。
記念に絵本をあちこちお送りしていると、しばらく疎遠であった方の近況などお聞きすることがあり、改めて12年の月日に感じ入ります。
どうぞこれからも、お仕事お励みくださいませ。

真澄様
 お久しぶりです。コメントありがとうございます。
 このたびは、ご本をいただき重ねてお礼申し上げます。
 真澄さんも、お仕事がんばってください。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡崎立さん13回忌-『だから からすは』:

« 大阪で講演をします | トップページ | 明日から谷津干潟のワイルドライフアート展 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ