« さえずりの定義-『鳴き声ガイド日本の野鳥』メーキング | トップページ | 講演会のご案内-『鳴き声ガイド日本の野鳥』がらみ »

2016年11月 2日 (水)

地鳴きをやめたらすっきり-『鳴き声ガイド日本の野鳥』メーキング

  さえずりの定義が混乱しているのと同じように、地鳴きも一言では言い表せません。よく言われている定義には「仲間同士の合図」という意味を表すもの、「短い鳴き方」と行動を示すもの、そして「さえずり以外」という定義さえあります。
 地鳴きには、仲間がどこにいるか、自分がどこにいるか鳴き合って確かめたり、敵がいるぞという警戒、敵に向かう威嚇や攻撃、ねぐらに入るときに特有の声を出すものもいます。それに、雛、幼鳥と鳴き方が変わっていくものがほとんどです。それを、地鳴きという言葉で、十把一絡げにしてはもったいし、意味が伝わらないことになります。
 ちなみに、野鳥録音では地鳴きはとても重要です。たとえば、ホオジロのさえずりを録音していて「チッ」という声が間に入れば警戒していることになり、それ以上は近づきません。また、カラ類がお互いの存在を確認し合う鳴き方で移動していくときは、安心して近づけます。ハシブトガラスが、アラートコールで鳴いたらオオタカが近くにいるかもしれません。などなど、地鳴きの意味がわかると鳥の気持ちがわかり、効率よく録音できるのです。野鳥録音のベテランは、これを習得していると思います。
 ですから、地鳴きと一言で片付けずに、それぞれの意味を明記して、バードウォッチャーにも理解してもらえたらバードウォッチングがより広がると思いました。
 ひとつ困ったのは、英語で言うIdentityCallです。おそらく、鳥の声でいちばん多い鳴き方です。姿が見えづらい森のなかで、お互いの存在を確認しあう鳴き方です。カラ類が移動しながら「チー、チー、チー」と鳴き合う声、ハシブトガラスがのんびりと「カア。カア」と鳴き、近くで「カア」と答えるものがいる鳴き方です。このIdentityCallの和訳に適切なものがないです。”鳴き合い”が一般的ですが、ケンカでも鳴き合います。”存在鳴き”とは日本語になっていません。造語は作りたくありませんので、「存在の確認」というやや説明的な言葉にしました。
 このほか、飛び立ち、飛翔中、群れ、警戒、威嚇、追いかけ合い、戦い、ねぐら入り、ねぐら立ち、コロニー、雛や幼鳥など、それぞれの状況や意味がわかるように明記しました。しかし、存在の確認と自己主張、警戒と威嚇など、区別や状況の判断が難しいものもあります。さらに、判断に迷うものは「~か」とし、状況がわからず判別できないものは憶測を加えず「不明」としたものも少しあります。
 でも地鳴きを使わないことで、かなりすっきりしました。

« さえずりの定義-『鳴き声ガイド日本の野鳥』メーキング | トップページ | 講演会のご案内-『鳴き声ガイド日本の野鳥』がらみ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さえずりの定義-『鳴き声ガイド日本の野鳥』メーキング | トップページ | 講演会のご案内-『鳴き声ガイド日本の野鳥』がらみ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ