« オオルリのサブソング-六義園 | トップページ | 高圧線のノイズ »

2017年4月21日 (金)

ミゾゴイの鳴き声、録音成功

 ミゾゴイの録音は、かなり難題です。まず、数が少ないこと、低い声なので環境ノイズに紛れてしまうこと、鳴くのが初夏の日没以後のためビールが恋しくなって帰ってしまうことなどがあります。
 また、鳴く期間が短く、一説には4月中下旬とも言われています。私自身、六義園で渡り途中のミゾゴイを3回記録していますが、多くは5月に入ってからです。また、今まで唯一3声録音できた日光のミゾゴイは6月でした。しかし、鳴く最盛期は今であることは間違いなさそうです。
 今まで、S木♂さんにご案内いただいたり、情報をたよりに2回、彼のフィールドに赴いていますが、いずれもフラれました。今回は、3度目の正直です。なお、地名はあかせませんので、ご容赦願います。
 夕暮れの山間は、寒いくらい。日没時間と同時に、フクロウが向かいの山で鳴き始めました。生で聞くのは久しぶりです。頭の上をムササビが鳴きながら飛んでいきました。こんな近くで録音できたのもはじめです。だいぶ暗くなってそろそろと思ったところで、なんと予報にない雨が降り始めました。ミゾゴイは、雨に関係なく鳴くとは思いますが、録音はできません。そうそうに退散です。あとは、置いた3台の録音機がたよりです。なお、いつ鳴くかわからないので、タイマーを仕掛けず一晩稼働させておきました。
 翌日回収、ただいま音源をチェックしています。なんといっても、各15時間合計45時間分の録音ですから、そう簡単ではありません。しかし、もっとも鳴く可能性の高い場所に置いた録音機に5、6声入っていました。時刻は、午前1時前後です。
 YAMAHA W24で録音、300Hz以下のノイズの軽減、ボリュームのアップ、ノイズリダクションをかけています。



 まずは、録音成功です。音源を聞いていると、ミゾゴイのみならず、オオコノハズク、トラツグミ、アオバズクといった夜の鳥たちがつぎつぎと鳴いています。昼間のバードウォッチングの印象とは、大きく異なる鳥相です。
 夜ならでは音の世界、一度体験したらはまること間違いなしです。
 S木♂さん、おかげさまで念願のミゾゴイが録れました。お礼申し上げます。調査も順調に進むことをお祈りいたしております。

« オオルリのサブソング-六義園 | トップページ | 高圧線のノイズ »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/65179013

この記事へのトラックバック一覧です: ミゾゴイの鳴き声、録音成功:

« オオルリのサブソング-六義園 | トップページ | 高圧線のノイズ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ