« 九州でオオコノハズク繁殖か? | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-7月は北海道の草原の鳥 »

2017年6月12日 (月)

夜の鳥セット

 昨日の英彦山の録音を聞くと、わずか数秒間のオオコノハズクの声の合間にコノハズクとトラツグミが鳴いています。報告では、夜鳴く鳥としてヨタカ、アオバズク、ジュウイチも録音されていたそうです。こうして夜の鳥を録音していると気がついたのは、夜に鳴く鳥はセットになっていることです。
 たとえば、日光ではコノハズクのいるところにはオオコノハズクがいて、トラツグミ、ヨタカも鳴くといったようにです。雲龍渓谷というところで野宿したときは、午前2時にヨタカとホトトギスの鳴き合う声で目が覚めました。戦場ヶ原ならば、フクロウにオオジシギとヤマシギの声が加わります。東京西部の山地では、フクロウは必ずいてトラツグミ、ヨタカ、アオバズク、そしてときどきオオコノハズク、ミゾゴイというセットとなります。兵庫県北部の山地も、トラツグミ、ヨタカにジュウイチ、ホトトギスが加わっていました。
 当たり前のことかもしれませんが、夜の鳥が1種類だけということは希で、だいたい複数種の鳴き声が聞こえてきます。
 多いのは、フクロウとトラツグミ。トラツグミの替わりにジュウイチかホトトギスが、鳴けば、ポーカーで言えばツーペア。標高の低い所ではアオバズクが入って、スリーカード。標高、高めでヨタカがいればコノハズクがいて、希にミゾゴイやオオコノハズクが加わります。これだけそろえば、ロイヤルストレートフラッシュになる感じです。
 関東地方の山地、森林環境ではホトトギス>トラツグミ>ジュウイチ>フクロウ>アオバズク>ヨタカ>コノハズク>オオコノハズク>ミゾゴイという順序が難易度の傾向かな。これは、あくまでも私の限られたフィールドでの経験からの個人的な感想です。要するにコノハズクのいるところは、ヨタカ以下の鳥の声がするということになります。ただし、オオコノハズクは声が小さいこと、ミゾゴイはさえずりの頻度が少ないことで、この通りにはならないことがあります。
 ただ、これらの鳥がいっせいに鳴いてコーラスにはなるようなことはありません。日没から日の出まで、それぞれ好みの時間帯があってまるで時間を割り当てられたように鳴き分けている印象があります。
 こうした夜の鳥のセットが充実しているところは、早朝のコーラスもにぎやか。それだけ、自然が豊かであることの証拠にとなります。

« 九州でオオコノハズク繁殖か? | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-7月は北海道の草原の鳥 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/65403235

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の鳥セット:

« 九州でオオコノハズク繁殖か? | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-7月は北海道の草原の鳥 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ