« 今朝のヒグラシ | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-8月は富士山五合目の鳥たち »

2017年7月18日 (火)

雹の音-駒込

 いやあ、怖かった。今まで野外で荒天による怖い思いをしたことは何度もあります。しかし、家のなかにいて身の危険を感じたことは初めてです。また、これだけ大きな雹体験も初めてです。
 駒込地方は、午後3時10分頃から大粒の雨が降り出し、あっという間に土砂降りとなり大粒の雹が降ってきました。ベランダから数m先にある六義園のクスが見えないほどの大ぶりとなりました。そのうちに、ベランダを越えて雹が窓ガラスにバチバチあたります。ガラスにはワイヤーが入っていますが、ワイヤーの入っていない窓もあり、万が一を考えて厚手のカーテンを閉めておきました。それでも「バキッ、バシン」という大きな音がして恐怖をおぼえます。
 窓ガラスに雹がぶつかる音です。これでも、ピークを過ぎています。あまりの事態に録音をするのを思いつき損ねました。PCM-D100で録音。編集加工は、フェードインとフェードアウトのみです。



 雹が降った時間は、おそらく10分間もなかったのですが、その間の音による恐怖は半端ではありませんでした。
 一段落したところで、ベランダを見たら雹が積もっていました。大きな物は、ゴルフボールとまではいきませんが、かなりの大きさです。

Hyuo0707181

 おかげで、ベランダに置いてあった植物は枝が折れたり丸坊主になっていました。六義園のクス、エノキ、ケヤキも上のほうの葉がなくなっていました。網戸に穴もあいていました。
 本郷通りは、雪景色。そして、街路樹のイチョウの葉が雹によって落とされ芝生のように一面緑色になっていました。

Hyou0707182

  まだ、本郷通りは大渋滞。その間を救急車両が、何台も抜けていきます。最新情報では、JR駒込駅のホームの屋根が壊れたそうです。けが人など、大きな被害がないことを祈ります。

« 今朝のヒグラシ | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-8月は富士山五合目の鳥たち »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/65550543

この記事へのトラックバック一覧です: 雹の音-駒込:

« 今朝のヒグラシ | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-8月は富士山五合目の鳥たち »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ