« マダニが増えた理由 | トップページ | カミナリにおどろくハシブトガラス-六義園 »

2017年8月16日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-9月はねぐらに集まる鳥

 今日は、文化放送にて『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。
 9月のテーマは、ねぐらに集まる鳥たちです。
 今まで見たねぐら入りでいちばん凄かったのは、9月中旬に渡良瀬遊水地で見たツバメのねぐら入りです。ツバメの大群が、渦を巻くように空を舞い飛び交っていました。今まで長い間、鳥を見てきましたが私の網膜に写った最多数の鳥となりました。ただ、このときは高いところを飛んでいるので音らしい音は録れず、ただ見守るだけでした。その後、なんとかツバメのねぐらの声を録りたいと思って、訪れた多摩川のねぐらで構成しました。
 谷津干潟のチュウシャクシギは、苦労しました。ねぐらに集まる時間の夕方になって、風が強くなり最悪のコンディションとなってしまったからです。それでも、風の合間に鳴き合う声を拾って構成しました。
 ハクセキレイは、ねぐら入りの時にふだんの声とは違った鳴き声を出します。これに気が付いてから、ねぐら入りの声が気になり、ねぐらの録音を試みるようになったのです。そんなきっかけになった鳴き声です。
 スズメは、ねぐらにつくとき、あたかもハイになっているかのように鳴き合います。ケンカのとき声によく似ています。町中では、電柱のトランスの下に入ろうと鳴き合うところを何度か録音しました。しかし、街の騒音は町中の雰囲気にすることができず、少しでも静かなところ。葛西臨海公園のヨシ原に入るスズメたちの鳴き合う声で構成しました。
 鳥にとってのねぐらは、秋から冬の生活にかかせない行動です。そのとき、どんな声で鳴き合うのか、お聞きください。

2017年9月 放送予定
 9月 3日  ツバメ
   10日 チュウシャクシギ
   17日 ハクセキレイ
   24日 スズメ

« マダニが増えた理由 | トップページ | カミナリにおどろくハシブトガラス-六義園 »

番組・報道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『朝の小鳥』スタジオ収録-9月はねぐらに集まる鳥:

« マダニが増えた理由 | トップページ | カミナリにおどろくハシブトガラス-六義園 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ