« 『新・日本の探鳥地 首都圏編』のご紹介 | トップページ | 『BINOS Vol.24』のご紹介 »

2017年11月20日 (月)

『鳥さんぽをはじめよう』のご紹介

 次いで、♪鳥くんからいただいた『鳥さんぽをはじめよう』です。
 ♪鳥くん流バードウォッチングの入門書です。

Torisanpo071120

 私が鳥を見始めた頃、バードウォッチングの入門書はありませんでした。あるのは、中西悟堂や内田清之助のエッセイ集ばかり。さすが大御所のエッセイですから、野鳥の魅力はとてもよくわかり伝わってきました。しかし、大きな双眼鏡を買ってしまったり、野田の鷺山に軽登山靴で行ってしまいました。それに、いつまでもツグミの名前がわからなかったし、オオルリとハクセキレイを間違えるという今では考えられないことをしていました。もし、入門書があったらもっと効率よく野鳥に親しみ学ぶことができたのではないかと思います。今では数年おきに入門書が出版され入門書も選べる時代になったのですから、初心者にとって良い時代になりました。
 この本の「散歩をしながら身近なところでバードウォッチングをしてみよう」というコンセプトは、バードウォッチングを始めてみようという方にとっては取り付きやすいですね。図鑑的な要素は、身近な鳥がたくさん収録されているので基本、身の回りの鳥たちの名前と習性はまずわかると思います。そのほか、双眼鏡も選び方から探鳥会の参加の仕方まで必要な項目は押さえられていると思います。初心者にとって戸惑う多くのことがわかりやすく解説されていることになります。
 入門書の評価って難しいですね。経験者は、ついあら探しをしてしまいます。初心者の方にとってわかりやすいか、バードウォッチングを楽しめるようになったか、それが入門書の価値になると思います。でも、初心者の方は意見をいう場もないし言う自信もないことでしょう。ただ、何年かたって「私がバードウォッチングを始めたのは、あの本のおかげです」と言ってくれることが著者の大きな喜びです。『鳥さんぽをはじめよう』もそんな1冊になると思います。

タイトル:鳥さんぽをはじめよう
著者:♪鳥くん(永井真人)
出版社: 主婦の友社
装丁:A5、128ページ
定価:1,400円+税

アマゾンのURL.
https://www.amazon.co.jp/%E9%B3%A5%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%BD%E3%82%92%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%88%E3%81%86-%E2%99%AA%E9%B3%A5%E3%81%8F%E3%82%93%EF%BC%88%E6%B0%B8%E4%BA%95%E7%9C%9F%E4%BA%BA%EF%BC%89-ebook/dp/B076S4G74V/ref=sr_1_10?s=books&ie=UTF8&qid=1511067824&sr=1-10&keywords=%E9%87%8E%E9%B3%A5

« 『新・日本の探鳥地 首都圏編』のご紹介 | トップページ | 『BINOS Vol.24』のご紹介 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/66066212

この記事へのトラックバック一覧です: 『鳥さんぽをはじめよう』のご紹介:

« 『新・日本の探鳥地 首都圏編』のご紹介 | トップページ | 『BINOS Vol.24』のご紹介 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ