« ヒクイナが鳴いた-芝川第一調節池 | トップページ | トラツグミの3段階鳴き »

2018年3月30日 (金)

カイツブリのよく聞くの声はデュエット

 先日の芝川では、岸辺に録音機をしばらく置いて環境音を録音しました。そのなかに、カイツブリの鳴き声がよく入っていました。音源を聞いてみると、静なものと賑やかに鳴いている2つの鳴き方があることに気が付きました。
 まずは、聞くことの多い賑やかな鳴き声です。YAMAHA W24で録音、1,000Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。



 次に静かめな鳴き方です。あまり聞いたことがありません。録音と編集の条件は、同じです。



 今まで、何度もカイツブリの鳴き声を聞いていたのですが、この違いに気が付きませんでした。
 これを声紋で見てみます。
 最初は、賑やかな鳴き方の声紋です。見やすいようにモノラルに変換しています。縦軸は、およそ下が900Hz、上が5,500Hz、横軸は7.8秒ほどです。

Little_grebeduet

 よく見ると、尖った山型のパターンが複雑に重なり合っていることがわかります。モンゴルのホーミーのように一度に違う音を出すことができる鳥もいますが、2羽が鳴き合っているデュエットしていると考えて良いでしょう。観察しているとこのような声が聞こえるときは、2羽が並んでいることからもデュエットでよろしいかと思います。
  次に、静かめに鳴いている時の声紋です。表示設定は上掲と同じです。

Little_grebesoro

 尖った山型が重なっていません。
 聞き慣れたカイツブリの鳴き声は、デュエットでした。カイツブリの雌雄は、わかりにくいので判断が難しいですが、雌雄が鳴き合っていると考えて良いでしょう。おそらく雄が鳴くとそれに重ねるようにすぐに雌が鳴いて、デュエットを構成しているのでしょう。
 このタイミング良く声を重ねることで雌雄の結びつきの確認、あるいはを絆を強くする効果があるのでしょう。さらに、2羽で鳴くことで大きな音になり、より広くなわばりを主張する効果があると想像しています。
  

« ヒクイナが鳴いた-芝川第一調節池 | トップページ | トラツグミの3段階鳴き »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/66554227

この記事へのトラックバック一覧です: カイツブリのよく聞くの声はデュエット:

« ヒクイナが鳴いた-芝川第一調節池 | トップページ | トラツグミの3段階鳴き »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ