« パナXS-455にタスカムTM-2Xを装着-その2 | トップページ | ノートを拝見-『朝の小鳥』65周年 »

2018年6月14日 (木)

『朝の小鳥』65周年記念番組-予告

 私が録音構成をしている文化放送の『朝の小鳥』は、今年で65周年を迎えました。蒲谷鶴彦先生から引き継いで、あっという間に12年がたち627本制作しました。蒲谷先生に時代は『朝の小鳥』は毎日放送されていましたので、先生は13,000本を制作していますので足元にもおよびませんが、毎回苦労をしながらも番組作りを楽しんでいます。
 つきましては、特別番組が来週に放送されますので予告です。題して『文化放送ライオンズナイタースペシャル 朝の小鳥 65年のコーラス』です。放送日時は、6月20日(水)午後8時30分から9時30分です。
 番組の構成は、蒲谷先生が残された音と番組の歴史。もっとも長くナレーションをつとめ先生と各地を取材された鈴木寛子さんからは、当時のようすを語ってもらいます。くわえて文化放送の近くにある浜離宮公園で石川真紀さんとのロケ、野鳥を見聞きしたようすをお送りします。また、鳥にまつわる音楽を含めての1時間をお楽しみいただけます。
 詳しくは、文化放送のURLをご覧ください。

 http://www.joqr.co.jp/topics/lions-sp_asanokotori_201806.php

  早起きしなくても、聞くことができる時間ですので、ぜひお聞きいただければと思います。

« パナXS-455にタスカムTM-2Xを装着-その2 | トップページ | ノートを拝見-『朝の小鳥』65周年 »

番組・報道」カテゴリの記事

コメント

サクラの実にイカルが集まる季節になりました。
番組、拝聴しました。蒲谷先生と鈴木アナのやりとりが目に浮かぶようでした。
後ろの番組の稲垣吾郎さんのファンもだいぶお聞きになっていたようですね。

t様
 特番、お聞きいただきありがとうございます。鈴木さんのお話は、放送された倍くらいあり、当時のスタジオでのようすなども語っていただいております。鈴木さんの話だけで番組ができてしまいそうでした。
 それにしても、私は滑舌が悪いですね。プロの2人に囲まれて、なおさらろれつがおかしいのが気になりました。
 また、もう少し鳥の声を流すべきだったなど、反省しています。

たまたまラジオの電池交換をしていて特番を聞くことができました。すごいラッキーでした。一時間があっという間に終わりました。浜離宮の音源は、僕も一緒にバードウォッチングしているかのような楽しい時間を共有できました。年に一度くらい特番があってもいいのに、と思いました。

つな様
 特番、お聞きいただきありがとうございます。いつもは5分ですから、1時間は緊張します。特番のリクエストありがたいのですが、この良い季節に番組制作にとらわれるのは、勘弁して欲しいとスタッフに言っております。できたら、冬が良いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/66830251

この記事へのトラックバック一覧です: 『朝の小鳥』65周年記念番組-予告:

« パナXS-455にタスカムTM-2Xを装着-その2 | トップページ | ノートを拝見-『朝の小鳥』65周年 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ