« カミナリの被害-六義園 | トップページ | リトルターンアートプロジェクト展-谷津干潟自然観察センター »

2018年9月21日 (金)

100年前にカワセミを撮った男・写真展

  今日から有楽町で、はじまった下村兼史の写真展に行って来ました。

180921
 雨の日の午後なので空いているだろう、主催者の塚本洋三さんともゆっくり話しができるだろうと思い出かけたのです。しかし、映画館もなくなり閑散としたマリオンの最上階は、この写真展の会場だけがにぎわっていました。
 思った以上に広い会場に、戦前戦後と活躍した下村兼史のモノクロ写真が、びっしりと展示されていました。また、ただ古い写真が展示されているだけかと思っていたですが、下村が活躍した時代背景、下村の足跡などが解説されたパネル展示もあります。そのため、下村の人となりから、写真の貴重さ、意味まで理解できるようになっています。
 古いもの好きの私には、たまらない資料です。また、若い人にもよくわかると思いますし、こうした先人の苦労の末に、私たちがいることを解ってもらえると思います。
 混んでいただけに、かつて雲上人だった日本野鳥の会東京支部の幹事、諸先輩。この方たちのおかげで今があると思うと、頭が上がりません。久しぶりにお会いした方々、今仕事でお世話になっている人々、などなど挨拶をしている時間のほうが、写真を見ている時間より長かったもしれません。
  いずれにしても、素晴らしい写真を前に楽しいひとときを過ごすことができました。
180921book

  あと、図録(税込み1,500円)が凄いです。展示会の図録と言えば、展示写真が収録されているだけのものがよくあります。今回は違います。展示以上に解説されていますし、コラムもあってこれだけで、下村兼史のすべてがわかるように構成されています。ぜひ、お買い求めいただければと思います。

□100年前にカワセミを撮った男・写真展
 2018年9月21日(金)~26日(水)11-19時(最終日16時まで)
 有楽町朝日ギャラリー (東京 JR有楽町駅前 マリオン11F)
 入場無料

バードフォトアーカイブの展示会についてのURL.
http://www.yamashina.or.jp/hp/hyohon_tosho/shimomura_kenji/shashinten2018.html

« カミナリの被害-六義園 | トップページ | リトルターンアートプロジェクト展-谷津干潟自然観察センター »

イベント」カテゴリの記事

コメント

鬼子母神の雑司ヶ谷で2018年9/13日夜に聞こえたフクロウの録音を聞こうと思ったのですが、開けません。音源サイトのアドレスが複雑でうまくいきません。どうしたら聞けるか教えてください。

2018年9月30年午後9時15分頃鬼子母神のみみずく公園の大イチョウの上の方から聞こえたというフクロウの声を聞きたいのですが、うまく音源サイトを開けません。どうしたら開けるのか教えてください。

川内桂子様
 画面の下にあるURLは、リンクが張ってありませんね。このURLをマウスで左クリックしながらなぞってコピーして、エクスプロラーならば、いちばん上にあるエクスプロラーのアイコンのあるところに貼り付けて、Enterキーを押して決定、プレイヤーの画面になりますから、▶を押せば音が出ると思います。
 今、確かめたところ、音がでました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/67192032

この記事へのトラックバック一覧です: 100年前にカワセミを撮った男・写真展:

« カミナリの被害-六義園 | トップページ | リトルターンアートプロジェクト展-谷津干潟自然観察センター »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ