« 『朝の小鳥』スタジオ収録-1月はカモの仲間 | トップページ | モマ笛の音色 »

2018年12月21日 (金)

ミサゴ-芝川第一調節池

 今年最後の好天、暖かい日になるかもと思い、芝川第一調節池に行きました。
 天気予報通り、雲一つ無い青空が広がっていました。

Shibakawa181221

 ちょっと霞がかかり、暖かさと相まって春のようです。この季節は、いつもならばカラッ風が吹いている芝川ですが、とても12月下旬とは思えない陽気です。
 おかげで、鳥たちの活動が活発でした。芝川には、ここ数年通っていますが、鳥たちの顔ぶれが変わっていくのが面白いです。今日は、カモ系が少なくて、コガモの声は聞こえず、オカヨシガモも見つけられませんでした。キンクロハジロも確認できず。遠くにいたのが、キンクロハジロかもしれません。以前は池のあちこちにいて、近くにいるものを確認できたのですがいませんでした。多かったカイツブリとオオバンが減った感じです。
 増えたのは、カンムリカイツブリとミコアイサ♀が目に付きました。アオサギとダイサギも多く、あまり鳴かないサギ類ですが、声がよく聞こえました。あとのミサゴの出現も含めて、共通するのは魚食の鳥たちが増えた印象があります。
 チュウヒは相変わらずで、カメラマンのオジさんたちも忙しそうでした。
 ヨシ原のほうからは、クイナのさえずりと言われている声が聞こえ、クイナも健在でした。
 シートを敷いて座って、ゆっくりと日向ぼっこをしていると、まるで露天風呂に浸かってバードウォッチングをしているかのよう。至福の時です。
 そろそろ帰ろうとすると、上空にミサゴが出現。池の上に来るとダイビング、一発で魚を捕らえました。

Osprey184521

 そのあと、捕った魚を見せつけるかのように上空で旋回を繰り返し、上昇していきました。今日のバードウォッチングは、まるで釣り番組のように、最後に大物が撮れました。

« 『朝の小鳥』スタジオ収録-1月はカモの仲間 | トップページ | モマ笛の音色 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556172/67507285

この記事へのトラックバック一覧です: ミサゴ-芝川第一調節池:

« 『朝の小鳥』スタジオ収録-1月はカモの仲間 | トップページ | モマ笛の音色 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ