« デジスコ通信に投稿-何種類みましたか? | トップページ | カエルのような声-コゲラのドラミング »

2019年2月19日 (火)

千鳥笛・再録

 先日の千鳥笛について記事にしました。Facebookのコメントやメールでのおたずねがありました。たしかブログの記事にしたと思いリンクさせようと検索しても出てきませんでした。あとで、『野鳥を録る』(2004・東洋館出版社)のコラムに書いたことを思い出しました。
 ということで、再録しておきますので、ご参考にしていただければと思います。

 蒲谷コレクションのなかに、宮内庁新浜鴨場の千鳥笛の録音が残っています。1970年代に収録されたもので、千鳥笛の実演とともに昔の新浜のようすを語るインタビューも録音されています。
 千鳥笛は千鳥猟のときに鳥たちを呼び寄せるためのもので、今では失われてしまった猟法です。千鳥猟は、堀内讃位の『鳥と猟』(1945年、昭森社)によると「岸に近い川底を掘り掘り取った泥土を一方に盛り上げ、幅2間(注: 1間は1.8m)、長さ4間ほどの傾斜地を築く。これに略同大の網を、開帳したまま張る。」もので無双網に近い猟法であると、詳しく紹介されています。
 そして、千鳥笛は「頃合いを見はからって、鳥舎に潜んでいた福田名人が笛を吹く、それは恰も水上に頭を出している築場を差して、此所に来れと云わんばかりである。」とあり、そして網を引くとまさに一網打尽に捕らえるとあり、さらにこの作業は続けて行われ、笛に誘われて何度も捕らえることができるとあります。これを読めば、一度は聞いてみたい、吹いて見たいと鳥好きなら思ってしまいます。
 蒲谷の録音は、福田名人のものではなく峰崎寒太郎さんのものですが、すでに故人。貴重な録音です。録音を聞く限り、チドリの声の雰囲気はかなり近いものがありました。また、この録音にはチドリばかりではなくシギの仲間のキアシシギ、アオアシシギ、チュウシャクシギなども吹き分けられており、いろいろな種類のレパートリーがあることもわかります。
 数本の笛から、それぞれの鳥の特徴を捉えて吹き分けている技術はたいしたものです。さらに、シギチドリ類ばかりではなくクイナ笛もあり、これまたヒクイナの声によく似ています。
 なお、千鳥笛はシノタケの茎を短く切って音が出るように小さな穴があいているだけのごく簡単なものです。シノタケは今でも新浜鴨場のまわりに今でも生えていますし、手先の器用な人ならば作れそうです。しかし、鳥を呼べるだけの音を出すためには、本物のシギやチドリの声が頭にしっかりと入っていなくてはなりませんし、それなりの練習と年期がいりそうです。

« デジスコ通信に投稿-何種類みましたか? | トップページ | カエルのような声-コゲラのドラミング »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千鳥笛・再録:

« デジスコ通信に投稿-何種類みましたか? | トップページ | カエルのような声-コゲラのドラミング »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ