フォト

« シロハラのさえずり-六義園 | トップページ | 六義園の夜 »

2019年4月28日 (日)

ツグミのさえずり?-六義園

 昨日の六義園は連休初日とあって、なかなかのにぎわいでした。人のいない方いない方に行くと、ツグミ類のさえずりが聞こえて来ました。 
 TASCAM DR-07で録音。ボリュームの増幅、2,000Hz以下のノイズのカット、ノイズリダクションをかけています。

 昨日の六義園には、ツグミ類はシロハラ、アカハラ、ツグミがいました。渡りのこの季節、過去にはクロツグミ、マミジロ、マミチャジナイが出現しています。ツグミ類の多くが可能性があります。
 数的にはシロハラが多いため、最初はシロハラだと思って録音していました。しかし、いろいろな節で鳴くので、だんだん自信がなくなってきました。なんとか、姿を確認しようとしましたが、良く茂ったスダジイの中にいて見えません。鳴いていたのは15分ほどです。この間、場所を変えては姿を見ようとウロウロして上を見ていたら首が痛くなりました。
 姿の確認はとうとうできずじまいでした。
 ということで、過去の録音やネットにアップされている音声を聞いてみると、いちばん可能性の高いのはツグミではないかということになりました。
 いろいろなツグミ類の声を聞いて、ツグミの節のなかに「キョロンチー」が入ることが気が付きました。たとえば、録音仲間のS木♂さんにブログ「野原から」にアップされている音声にもあります。
 http://blog.livedoor.jp/gnohara/archives/8128283.html
 『鳴き声ガイド日本の野鳥』に収録した芝川第一調節池で録音した音源もよく聞くと「キョンチー」が入っていました。
 今まで、「カッカッ」や「ケスケス」などの地鳴きを交えるのがツグミの特徴と思っていましたが、ないものあって「キョロンチー」のほうが確実な識別ポイントではないかと思いました。
 今日の六義園では、ツグミが3羽。眉と喉がクリーム色で翼の煉瓦色が美しい夏羽になったツグミたちでした。この美しい姿でさえずっていたと思うと、ぜひ姿を見てみたかったとせつに思いました。
 ツグミのさえずりが聞かれるのは、ここ10日間くらいでしょう。もし、機会があったら「キョロンチー」が入るかどうか、ご確認いただければと思います。

 

« シロハラのさえずり-六義園 | トップページ | 六義園の夜 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シロハラのさえずり-六義園 | トップページ | 六義園の夜 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ