« 六義園でフクロウ鳴く | トップページ | コメントが消えてしまったので »

2019年4月25日 (木)

エナガ団子がほどけて-六義園

 おそらく六義園では、エナガが4ヶ所で営巣していたと思います。いつも出会う場所があって、ときには巣材、あるときは餌をくわえ、尾がしの字になったエナガを見かけました。
 先週、少なくとも2ヶ所で巣立ちが行われたようで、巣立った幼鳥たちが一列に並ぶエナガ団子が見られたと、常連さんたちが興奮して話してくれました。写真を見せてもらうと、幼鳥の数は16羽が並んでいました。
 エナガの卵の数は、平均9.4個、5~10個ですから、どう考えても16羽は一家族としては多い数です。写真では10羽と6羽が違った向きで並んでいますから、この違い別の兄弟ならば少なくとも2家族が合流したのではないかと思います。
 今、六義園を歩いて運が良ければ、このエナガの群れに合います。もう、団子状にならないほど大きくなっていますが、まだ一群れで行動しているようです。エナガ団子がほどけて群れになり、鳴き合って移動していく幼鳥たちの鳴き声です。PCM-D100で録音、3,000Hz以下のノイズをカット、ボリュームの調整、かるくノイズリダクションをかけています。

 このとき、数えた限りでは10数羽はいました。ほぼ無事に生き延びているようです。この群れの中には以前、記事にした尾のないエナガの成鳥も混じっていましたから、尾がなくても繁殖には成功したことになります。
 新緑の森に鳴き合うエナガの雛たちの鳴き声が、よく似合いました。

 

« 六義園でフクロウ鳴く | トップページ | コメントが消えてしまったので »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 六義園でフクロウ鳴く | トップページ | コメントが消えてしまったので »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ