フォト

« 長期滞在したコマドリ-六義園 | トップページ | ヤマドリの母衣打ち-日光 »

2019年5月14日 (火)

今、標高1,000m以下が良い-日光

 長い連休が終わって、やっと日光がすき始めました。地元の人に言わせると、いちばん良い季節なのに人がこない時です。
 前回、標高1,500mあたりの霧降高原で録音したところ、コマドリ、ルリビタキなど、ひととおりの種類が入っているものの、遠くてあまり良い音が録れませんでした。まだ、個体数が少なくてコーラスが薄い感じなのです。
 今回は、1,000m以下。800mくらいの雑木林に録音機を仕掛けました。今朝ですから雨の心配もありました。しかし、幸いにして一滴も降らず。良い音が録れました。
 午前3時7分、最初に鳴き始めたのは近くで飼われているニワトリです。その後、4時2分にキビタキをかわきりにクロツグミ、キジバト、イカル、センダイムシクイ、ウグイス、オオルリ、ヤマドリ、ツツドリ、メボソムシクイ、アオゲラ、コサメビタキ、ヒヨドリ、ヤマガラ。そして、不明の声もあって、とてもにぎやかでした。
 キビタキとオオルリの競演です。TASCAM DR-07で録音。ボリュームの増幅、2,000Hz以下のノイズの軽減、軽くノイズリダクションをかけています。

 メボソムシクイは、この標高だと通過だと思います。しかし、それ以外はここでこれから過ごす連中です。それだけに、さえずりにも力が入り生き生きとした音になります。

« 長期滞在したコマドリ-六義園 | トップページ | ヤマドリの母衣打ち-日光 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長期滞在したコマドリ-六義園 | トップページ | ヤマドリの母衣打ち-日光 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ