« ガビチョウの地鳴きか-日光 | トップページ | カルガモのディスプレイ-六義園 »

2020年1月15日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-2月は鳥で天気予報です

 本日は、文化放送にて『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。
 去年からナレーションの担当になった鈴木純子さんは、気象予報士の資格を持っています。合格率4%の難関を突破した強者です。ということで、野鳥と天気についてのお話です。
 季節柄、鳥の鳴き声も静かなシーズンですので、トリビアネタで楽しい話となるように工夫しました。皆さん、ご存じの「ツバメが高く飛ぶと晴れ」など科学的に解説できることわざは意外と少なく、ちょっと苦労しました。
 今回、困ったのは「天気」と「気象」という言葉の違いです。私は、天気は「晴れ、雨、曇り」といったものの言い、気象は「高気圧がどうの、寒冷前線が発達して」などという違いかと思っていました。
 気象予報士の鈴木さんに調べてもらったところ、天気は明日、明後日と数日の様子、気象は1週間や1ヶ月先などの予報を言うそうです。なんと、時間的な問題、期間の違いで言葉が変わります。なんでも、気象辞典に載っているそうで、間違いありません。
 おかげで、ひとつ賢くなりました。

2020年2月 放送予定
2月 2日 オナガがさわぐと雨
   9日 スズメが水浴びをすると晴れ
  16日  フクロウが鳴くと晴れ
  23日  ツバメが高く飛ぶと晴れ

« ガビチョウの地鳴きか-日光 | トップページ | カルガモのディスプレイ-六義園 »

番組・報道」カテゴリの記事

コメント

2月の放送予定が1月になっています、修正したのが良いと思います。
いつも“朝の小鳥”を楽しみに、放送を聞いています。

加瀬さま

 ご指摘ありがとうございます。
 訂正いたしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガビチョウの地鳴きか-日光 | トップページ | カルガモのディスプレイ-六義園 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ