« 初めての鳥の写真-野田の鷺山 | トップページ | トラツグミの早春の鳴き声 »

2020年3月 8日 (日)

昔あったことー野犬の群れ

 昔あったバードウォッチング中の危険なことに、野犬との遭遇がありました。
 ネガのスキャン作業で、出てきた小櫃川河口で遭遇した野犬です。1973年とメモには、あります。
Yaken-2

 こちらは、造成中の葛西臨海公園での野犬です。現在の西なぎさに渡る橋の付近ではないかと思います。1973年5月3日となっています。

7305035

 蒲谷鶴彦さんは「高尾山に行ったときに30匹くらいの野犬がゾロゾロ出てきて、あのときは本当に怖かった」と『放送レポート』(1992・7/8月号)のインタビューで語っています。1960年代のことではないかと思います。
 写真にはありませんが、私も現在の谷津干潟自然観察センターのあたりの埋め立て地で、20匹くらいの野犬に囲まれてことがあります。1970年代です。もちろんセンターはまだなく、一面の砂漠のような造成地が広がっていました。その砂の飛散防止のために高さ1.5mくらいのネットが護岸に沿って張られていました。そのネットを張るための杭に登って、犬たちがいなくなるのをひたすら待ったことがあります。
 バードウォッチングをはじめたばかりの1960年代頃は、板橋区付近の荒川河川敷がホームグラウンドでしたから野犬の群れとはよく会いました。だいたい早めに見つけて、野犬のコースを読んで回避していました。しかし、谷津干潟のときはシギチドリの数を数えるのに夢中になっていて、野犬の群れの接近に気が付きませんでした。
 なんだかあたりの気配が騒がしいと思ってプロミナーから目をはずすと、すぐそばに大きなイヌがいてびっくり。私は、イヌの群れの中にいましました。刺激しないようにそっと近くの杭に登ったと記憶しています。あとは、三脚にマーキングするなよなと願ったものです。
 昔のフィルムのスキャンは、作業をしながらいろいろ思いだし効率が悪いです。しかし、ぼけ防止には良いかもしれません。
 

« 初めての鳥の写真-野田の鷺山 | トップページ | トラツグミの早春の鳴き声 »

徒然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての鳥の写真-野田の鷺山 | トップページ | トラツグミの早春の鳴き声 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ