« 今朝の録音-六義園 | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-5月は軽井沢 »

2020年4月 7日 (火)

アオジのサブソング-六義園

 風のない明るい夜だったので、録音機を六義園に向けて一晩、置いてみました。
 残念なことに夜、鳴いている鳥はいませんでした。
 朝は、最初にメジロが午前4時52分からさえずり始め、シジュウカラが5時5分、ヒヨドリは5時10分と加わりました。このころになると、野鳥のさえずりでいっぱいになった感じになります。
 今日の日の出時刻は午前5時19分ですから、およそ30分前にさえずりがはじまりました。これは、初夏のさえずりの最盛期と同じです。
  5時25分にアオジの地鳴きが聞こえ、そのあとにサブソングが聞こえました。
 TASCAM DR-05で録音、ボリュームのアップ、2,000Hz以下の低音の軽減、ノイズリダクションをかけています。

 地鳴きは22秒、その後サブソングで1分41秒間、鳴いていました。アップしたのは、他の鳥の声がかぶっていないところを切り出したものです。
 アオジのさえずりは、同じ節を何度も間を開けて鳴き続けます。それに対して、サブソングは流れるような節回しです。ただ、音の抑揚は、さえずりと共通していると思いました。

« 今朝の録音-六義園 | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-5月は軽井沢 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝の録音-六義園 | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-5月は軽井沢 »