« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月25日 (火)

山の秋の音-日光

 先週末は、日光でした。
 少しでも野鳥たちの鳴き声が録れればと思い出かけました。3日間いたのですが、雨に見舞われ、思うように録音できたのは1日だけ。今年も天候に恵まれません。
 人の世界では新型コロナ騒動が収まりませんが、自然は着実に季節が移ろっていました。標高1,400mあたりの霧降高原では、秋の花が咲き始め、空気も秋めいていました。
 音も秋らしい音が録れました。YAMAHA W24で録音、ボリュームのアップ、ノイズリダクションをかけています。

   

 午前5時30分頃の音源を40秒ほど、切り取っただけです。もう、小鳥たちのさえずりは聞こえませんが、シジュウカラ、カケス、アオゲラの鳴き合う声が入っていました。
 いずれも、秋の風情を感じさせる鳴き声です。
  

 

 

2020年8月24日 (月)

ディスプレイ碑-村澤嘉信さん

 あしだちの会の元会長、村澤嘉信さんがお亡くなりなったとご連絡をいただきました。

Murasawa1
 私とは「10才違うね」と話したのは、私が還暦のとき。その私が70才になりましたから村澤さんは80才の計算になります。
 あしだちの会は、おもに東京都足立区在住の会員と首都圏の探鳥地でバードウォッチングを楽しむ会です。発会のきっかけは荒川の鳥類調査のため、この調査も引き続き行っています。私は、カミさんの実家が足立区の関係で、義父義弟が入会したのをご縁に参加させていただきました。芝川第一調節池、北本公園、舎人公園は、この会で初めて行き、その後、何度も行く取材地となりました。
 全体で100名、2,30人が参加してくる会ですからリーダーの人柄が全体に影響します。ひとえに、村澤さんのお人柄が会の雰囲気になっていた印象です。ようするに、鳥好きのオジさんが鳥や自然好きのオジさんオバさんを率いている感じです。
 私としては、今バードウォッチングを楽しんでいる人たちの動向を観察させてもらえる貴重な会でした。年齢構成、男女比、皆さんの関心事などなど、観察させてもらいました。いわば、村澤さんのおかげで、ネタを仕入れることができ感謝にたえません。
 また、昔の日本野鳥の会東京支部の探鳥会の雰囲気に似たものを感じていました。見たい鳥はきれいな鳥や数の少ない鳥で、あまりスズメやカラス類には関心がありません。もちろん珍鳥を見に、連れ添ってポイントまで行く熱心さもあります。いわば昭和のバードウォッチングです。
 昭和のバードウォッチャーの一人、村澤さんのご冥福をお祈りいたします。
 

2020年8月12日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-9月は湯西川の鳥

 本日は、文化放送の『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。
 相変わらず新型コロナの感染リスクがあるので、私はリモートでの参加です。
 アナウンサーの鈴木純子さんもデレクターの門馬史織さんもスタジオでなければ仕事ができないわけですから、私だけ安全地帯にいるようで申し訳ないです。
 今年は、新型コロナのおかげで思うように取材ができません。しかし、取材をしたものの番組で使っていない音源がけっこうあります。今回は、その中から栃木県北部にある湯西川湖での録音です。2年前に行っています。
 湯西川は、行政区画では日光市なのです。今や栃木県の4分の1くらいが日光市です。旧日光市街地から車で1時間半以上かかるのに、まだ市内というのも遠征した気分になれないですね。
 いずれにしても、山深いところだけに野鳥や生き物の息吹の多いところでした。阿部♂♀さんにご案内いただいたのですが、♂さんがシカの警戒声が聞こえて来ると「クマに警戒しているのでは」と教えてくれるのです。それだけに、緊張感のある取材でした。

2020年9月 放送予定
9月 6日 コノハズク
  13日 ヨタカ 
  20日  アカハラ
  27日 カワウ

2020年8月 7日 (金)

ヒグラシとクロツグミ-日光

 梅雨明けしたはずの日光、毎日雨です。夕方から明け方に日光とその周辺のどこかで雨が降りました。大雨予報の天気のなか、録音機を山に置くのは躊躇しますので、3日待ちました。
 最終日前日、昼飯後にいつものお気に入りの雑木林に行くと、クロツグミが良くさえずっていました。下見のため双眼鏡のみ。午後1時にこんなによく鳴くならば、夜明け前はさぞよく鳴くだろうと、夕方に再訪して録音機を仕掛けました。予報では、雨雲は日光をさけて通るはずです。
 しかし、このとき雨がぽつりぽつりと降りはじめ、日光の典型的な夕方の天気となってきました。この程度の雨は、当たり前のせいか予報されないのでしょう。いずれにしても、予報がはずれ大雨にはならないことを祈って、できるかぎり雨のあたらないところを見つけては、録音機を置きました。幸い雨はこの時のみとなりました。
 翌朝、回収すると思惑通り、クロツグミが良く鳴いてくれました。それにくわえて、早朝のセミ、ヒグラシとのコラボです。
 TASCAM DR-05で録音、ボリュームのアップ、1,500Hz以下のノイズの軽減。ノイズリダクションをかけています。 

 時刻は、午前4時24分から鳴き始めています。26分間にわたりヒグラシが鳴き、その間にクロツグミとキジバトが鳴いています。その後は、メジロやヒヨドリが置き始めて、鳴き合う朝の雑木林らしい音となりました。

2020年8月 2日 (日)

ミゾゴイか?-葛西臨海公園

 先々月の話なので、ほとぼりが冷めていると思います。
 6月26日の葛西臨海公園でのことです。オオヨシキリの鳴き声を録音し終わると、低い声が聞こえたとカミさんが教えてくれました。12時近く、天候は曇りです。
 その場で、録音機のスピーカーでチェックしましたが聞こえません。家に帰ってアンプを通しスピーカーに音を出して聞くと、低い鳴き声が聞こえました。
  PCM-D100で録音、全体にボリュームのアップ、該当の音域のアップ、350Hz以下の低音の削減、ノイズリダクションをかけています。

 オオヨシキリの合間に聞こえる「プオ。プオ。プオ」という感じに聞こえる声です。最初はヨシゴイを疑りましたが、もっと高い音で700~900Hzで「ワン、ワン」と聞こえると思います。サンカノゴイは、逆にもっと低く150~250Hzです。
 いちばん印象として近いのはミゾゴイの鳴き声だと思いました。なお、ミゾゴイは昼間も鳴きます。
 日本でもっともミゾゴイを聞いているS木♂さんに聞いていただいたところ「繁殖地でこのような声が録音されたことはありません。」とのことでした。ただ、成長段階などで、このような鳴くことが無いとは言い切れず、さらには他の湿地の鳥たちの鳴き声については不明なことが多いのでいろいろ可能性があるのではという意見をいただきました。
 あと、海辺の葛西でミゾゴイというのはにわかに信じがたい記録ですが、ちょうどネットでは「2020年5月15日朝、新宿駅東口の前でミゾゴイが出現」話題になっていました。新宿駅の入口にたたずむミゾゴイの写真が、アップされていました。新宿より葛西のほうが可能性が、ミゾゴイがいる可能性は高いと思います。
 また、葛西の元レンジャーのN村さんに連絡をして注意をしてもらうようお願いいたしました。しかし、その後、同じような鳴き声を聞くことは無かったと報告をいただきました。また、葛西における過去のミゾゴイの記録はないとのこと。慎重にならざるを得ません。
 今のところ、ミゾゴイの確定はいたしませんが、いろいろな可能性があると思い、備忘録を兼ねてアップしておきます。

 

 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ