« ミゾゴイか?-葛西臨海公園 | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-9月は湯西川の鳥 »

2020年8月 7日 (金)

ヒグラシとクロツグミ-日光

 梅雨明けしたはずの日光、毎日雨です。夕方から明け方に日光とその周辺のどこかで雨が降りました。大雨予報の天気のなか、録音機を山に置くのは躊躇しますので、3日待ちました。
 最終日前日、昼飯後にいつものお気に入りの雑木林に行くと、クロツグミが良くさえずっていました。下見のため双眼鏡のみ。午後1時にこんなによく鳴くならば、夜明け前はさぞよく鳴くだろうと、夕方に再訪して録音機を仕掛けました。予報では、雨雲は日光をさけて通るはずです。
 しかし、このとき雨がぽつりぽつりと降りはじめ、日光の典型的な夕方の天気となってきました。この程度の雨は、当たり前のせいか予報されないのでしょう。いずれにしても、予報がはずれ大雨にはならないことを祈って、できるかぎり雨のあたらないところを見つけては、録音機を置きました。幸い雨はこの時のみとなりました。
 翌朝、回収すると思惑通り、クロツグミが良く鳴いてくれました。それにくわえて、早朝のセミ、ヒグラシとのコラボです。
 TASCAM DR-05で録音、ボリュームのアップ、1,500Hz以下のノイズの軽減。ノイズリダクションをかけています。 

 時刻は、午前4時24分から鳴き始めています。26分間にわたりヒグラシが鳴き、その間にクロツグミとキジバトが鳴いています。その後は、メジロやヒヨドリが置き始めて、鳴き合う朝の雑木林らしい音となりました。

« ミゾゴイか?-葛西臨海公園 | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-9月は湯西川の鳥 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミゾゴイか?-葛西臨海公園 | トップページ | 『朝の小鳥』スタジオ収録-9月は湯西川の鳥 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ