« ミソサザイの地鳴き-日光 | トップページ | 防水機能のあるモバイルバッテリー-BMPB10000WPBK »

2020年10月 8日 (木)

『朝の小鳥』スタジオ収録-11月は谷津干潟

 昨日は『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。リモートで参加です。11月は日曜日が5回ありますので、5本録りです。
 テーマは、晩秋の谷津干潟です。谷津干潟は、私にとって思い出の場所です。学生だった1970年代、東京湾いっせいカウントに参加して幕張や稲毛の海岸の鳥を数えていました。海岸が次々に埋め立てられ、谷津に行き着きました。埋め立て前と埋め立て直後のカウントの記録は、私と後輩たちだけです。
 当時、各地で行われた自然保護運動のなかでも、谷津干潟の保護運動は地元住民とタッグが組まれた初期の運動です。私自身、駅前でのビラ配りから地元の小学生を集めての自然観察会などを行いました。まだ、ボランティアという言葉のない時代、干潟と野鳥たちを守りたいと思って仲間とただただ身体を動かしていたことになります。
 写真は、田久保晴孝さんからもらった当時の観察会の様子です。

3_20201008103701
 写真は、現在の谷津干潟自然観察センターのあるあたりで、当時はただの草原でした。
 今では、立派なセンターもできラムサール条約の登録湿地にもなって、干潟が埋め立てられる危惧はなくなりました。ただ、残念なのは鳥が減っていることです。当時、干潟が動くように見えたハマシギの数千羽の群れを見ることはなくなりました。一説には、地球温暖化の影響だと言われていますが、こうなると駅前でのビラ配りでどうにかなることではなくなりました。
 いずれにしても、いろいろな思いを込めて制作いたしました。そんな谷津干潟の鳥たちの鳴き声をお楽しみいただけければと思います。
 なお、放送時間が10月から変わっています。5時10分からです。

2020年11月 放送予定
11月 1日 ソリハシシギ
   8日 ダイゼン
   15日 ウミネコ
   22日 ハマシギ
    29日 コガモ

« ミソサザイの地鳴き-日光 | トップページ | 防水機能のあるモバイルバッテリー-BMPB10000WPBK »

番組・報道」カテゴリの記事

コメント

まつ様
いい写真ですね!若い!
横に写っている女性は奥様ですか?

そして昭和の子供たちもなつかしい髪形、服装。当時の声や風の音が聞こえてくるようです。
この時代、皆がまっすぐで、一生懸命だったように思います。

鈴木♂様
 当時は、今と違って写真を撮る習慣がなかったので、田久保さんには感謝です。
 私は、M65ジャケットにレイバンのサングラスがでしたからね。子どもたちを前にしてのお話しなので、サングラスははずしていたようです。
 隣の女性は、カミさんの大学の先輩のSさんです。Sさんの彼氏も運動に参加してくれ、お二人は結婚されました。
 考えてみれば、ここにいる小学生の子どもたちは50才台になっているはずで、当時のことをどう思っていたか聞いてみたいところです。
 

>まつ様
この写真に写っている子供たちが、ちょうど私の世代だと思います。
私も小学6年生で谷津干潟に行き、膨大なハマシギを見ています。
スコープを覗き込んでカウントしている人がいて「あのカチカチ数えるやつ欲しいなぁ」「かっこ良いなぁ」と思ったのを覚えています。

署名もまだやっていたころだと思います。「この環境を残さなければ」という説明に、小学生ながら「まったく、その通り!」と感じました。そういう体験を子供のうちにできたことが私の人生に大きく影響しています。
それほどでもない人でも、自然を見た記憶はどこかに残っているだろうと思います。

直接的な保護運動ではないですが、子供に自然を紹介するのは大切な運動だと、写真を見てあらためて思いました。

鈴木♂様

 カウンターで鳥を数えているのを見て、かっこう良いと思う小学生は、そういないと思いますよ。双葉より芳しでしたね。たぶん、石川勉さんの調査でしょう。まだ、やっています。
 文化放送「朝の小鳥」のディレクターM馬さんは平成生まれです。今回、谷津を取り上げたら、小学校の教科書で谷津干潟が取り上げられていたと言っておりました。谷津干潟が、いろいろな形で子どもたちに影響を与えていると思うと、関わって良かったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミソサザイの地鳴き-日光 | トップページ | 防水機能のあるモバイルバッテリー-BMPB10000WPBK »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ