« ウグイスが鳴いた-六義園 | トップページ | 『昭和の怪鳥・木魚鳥』-「野鳥」誌 »

2021年5月13日 (木)

「謎の木魚鳥」-Birder誌6月号に寄稿

 以前より拙ブログでたびたび記事にしているオオコノハズクの鳴き声の発見について、Bider誌最新号に寄稿いたしました。

Birder2106
 きっかけは、A部さんらと行った黒瀧山不動寺の和尚さんの話。ここから木魚のように鳴く鳥がいることがわかり、謎解きが始まりました。
 その後、日光におけるE村さんの録音、S木♂さんの井の頭文化園での飼育個体の録音と皆さんのご協力で、謎が解けたことになります。また、全国の録音仲間が裏付けてくれる録音をしてくれたことも感謝です。
 いわば、木魚鳥は野鳥録音の発展によって解明され、野鳥録音の魅力を深め広めてくれた鳥といえるでしょう。
 めぐるエピソードは本1冊くらいあると思うのですが、わずか2ページに凝縮しての掲載です。ぜひ、「特集アオバズクとコノハズク」の6月号をお買い求めいただき、その面白さの片鱗を味わっていただければと思います。
  

« ウグイスが鳴いた-六義園 | トップページ | 『昭和の怪鳥・木魚鳥』-「野鳥」誌 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウグイスが鳴いた-六義園 | トップページ | 『昭和の怪鳥・木魚鳥』-「野鳥」誌 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ