« フクロウ雌と謎の鳴き声-日光 | トップページ | オオヨシキリを聞きに-芝川第一調節池 »

2021年6月24日 (木)

ルリビタキ雌型の鳴き声一例-カミさんの録音

 私がタイマー録音で楽をしている間、カミさんは日光白根山に登っていました。
 白根山はルリビタキだらけでだったそうで、さかんにさえずっていたとのこと。それも、夢中になってさえずっているため近くで録音ができたそうです。
 そんな中、雄がさえずっているところに雌が2羽やって来て飛びまわり、今まで聞いたことのない声で鳴いたとのことです。
 YAMAHA W24で録音、2,000Hz以下の低音の低減、ノイズリダクションをかけています。

 「ビュビュ」「ビビビ」と聞こえる濁った声です。「ヒッ、ヒッ」といういつもの地鳴き、雄のさえずりも聞こえます。濁った声は、怒っているような、警戒しているように感じる鳴き声です。冬の地鳴きをずいぶん聞き録音もしていますが、このような鳴き声を聞いたことはありません。
 また、雌2羽が見えたとのことですが、ルリビタキの雄はきれいな夏羽になるのに2年はかかりますので、雄の若鳥であるかもしれません。雌1羽を巡って、雄成鳥と若鳥が競っていて可能性もあります。いずれにしても、繁殖期ならでは鳴き声のようです。

« フクロウ雌と謎の鳴き声-日光 | トップページ | オオヨシキリを聞きに-芝川第一調節池 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フクロウ雌と謎の鳴き声-日光 | トップページ | オオヨシキリを聞きに-芝川第一調節池 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ