« ハラビロカマキリVS.キマダラカメムシ | トップページ | ジョウビタキの鳴き声の加工-六義園 »

2022年10月27日 (木)

カワガラスのさえずり-日光

 昨日、日光に行ったカミさんのおみやげです。
 YAMAHA W24で録音、ボリュームの増幅、2,000Hz以下の低音の軽減、ノイズリダクションをかけています。

 中禅寺湖の湖畔でのこと。最初は、何が鳴いているのかわからなかったそうです。一生懸命姿を探して、カワガラスの姿を確認してなっとく。スマホで写真が撮れるほど近かったとのこと。なんとも、素晴らしい出会いでした、

Img_5248

 カワガラスは、秋からさえずることが知られています。過去にも紅葉のなかや雪のなかでさえずっているのを聞いたり録音しています。ただし、川音がにぎやかところにいるのでクリアな録音ができず、難題の鳥です。
 日光の鳥仲間からは、中禅寺湖湖畔でもさえずっていて「湖ならば比較的静かだから録音できるかも」と情報をもらっていたところです。ただし、昨日は風が強く、風音をフィルターで軽減してノイズリダクションで鳥の声をクリアしています。カワガラスの鳴き声は、2,000~7,000Hzの高い音域に幅広くあるため、環境音の低いノイズをとっても影響ありませんでした。
 渡りの季節ですから、もし姿が見られなければサメビタキ系の小鳥のさえずりと誤認するかもしれないほどの複雑で高音、抑揚に富んださえずりです。
 これからカワガラスのさえずりのシーズン、野鳥録音の難題に取り組む季節となりました。

« ハラビロカマキリVS.キマダラカメムシ | トップページ | ジョウビタキの鳴き声の加工-六義園 »

観察記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハラビロカマキリVS.キマダラカメムシ | トップページ | ジョウビタキの鳴き声の加工-六義園 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ