« 『朝の小鳥』スタジオ収録-12月は謎の鳴き声 | トップページ | 古い絵はがきの年代は?-六義園 »

2022年11月25日 (金)

キヤノンプラグをふさぐキャップ

 以前、タスカムのPortacaptureX8にアリが大量に入ってしまい困ったことを記事にしました。
 http://syrinxmm.cocolog-nifty.com/syrinx/2022/06/post-458584.html
 中を見たらアリの死骸もありました。アリは、蟻酸がありますので、複雑な基板を傷付けないか心配です。とりあえず、キヤノンプラグの端子の穴を養生テープで塞ぎ使っていました。この季節、アリは活動していませんが、埃やゴミが入ることは防ぐことはできると思います。しかし、あまり見栄えはよくありませんね。

P1120287

 ということをティアックの山本さんに相談したら、専用のキャップ(XLRのキャップ,、ノイトリック製)があるとのことでいただきました。
「キヤノンプラグ キャップ」などのキーワードで検索すると、通販でも手に入ります。2個で500円程度の価格で販売されていました。黒色、半透明の白色など、お好みで選べます。
 装着してみると、養生テープよりかっこうが良いですし、完全に塞げます。

P1120293

 考えて見れば、小さなアリならばマイク端子やイヤフォン端子からでも録音機のなかに入ってしまいそうです。野外での録音ならではの機材への心配り、これからも必要だと思います、
 山本さん、情報とモノをいただきありがとうございました。。

« 『朝の小鳥』スタジオ収録-12月は謎の鳴き声 | トップページ | 古い絵はがきの年代は?-六義園 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『朝の小鳥』スタジオ収録-12月は謎の鳴き声 | トップページ | 古い絵はがきの年代は?-六義園 »

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ