イベント

2019年11月11日 (月)

週末は、日本野鳥の会連携団体全国総会

 この週末(11月9,10日)は、海浜幕張駅近くのセミナーハウスで開催された日本野鳥の会連携団体全国総会(以下、総会)でした。
 P1080658
 やっと土日連続の晴れ。それも海浜幕張駅に行くためには、葛西臨海公園、谷津干潟のもより駅の南船橋、三番瀬の最寄り駅の二俣新町をスルーしなくてはならないのは、もったいない感じでした。
 総会には連携団体から59名、役員13名、事務局32名。合計104名の参加人数でした。例年、気になってチェックしているのですが、去年は連携団体からの女性の参加者が7名だったのが減って、わずか2名のみ。事務局は半数の16名でほぼ変わらずでした。
 事務局、各連携団体、地方別のブロックなどのからの報告が主な内容です。図らずも、風車と太陽光パネルと自然と野鳥に影響のある自然エネルギーの報告が相次ぎ、かつての自然保護連合などのシンポジウムを彷彿させる内容でした。
 実は、今年の決算見込みは大幅な赤字が見込まれています。そのため、連携団体に直接関係のある事業として探鳥会のリーダーの研修会とも言えるリーダースフォーラムが取りやめになっています。これに関しての発言が多くありました。ただ、10数年前ならば赤字を出した事務局、あるいは役員への追求となり団体交渉の様相になったと思います。今回は、リーダースフォーラムを再開するためには連携団体に何ができるかなどの建設的な意見があって、今までにない流れとなりました。
  今年は9月に日本鳥学会、11月のジャパンバードフェステバル、そして日本野鳥の会の総会と鳥業界のイベントに参加してきました。来週末に行われる大阪自然史フェスティバルに参加したこともあります。
  参加人数や参加資格が異なるので一概に比較はできませんが、総会はSNSの発信の少なさが問題と感じました。学会だと開催中にTwitter検索したりFacebookの書き込みを見れば、今何が発表されているかまるで実況中継のように知ることができます。JBFは、シャトルバスの混み具合までわかります。しかし、総会ではTwitter検索しても1件もヒットせず、FacebookではK下さんとM田さんが書き込んでいる程度でした。
 会員の減少と高齢化、言い換えれば若者の日本野鳥の会離れをどうにかしたいという意見がありました。一つの解決策は、このあたりにあるのではないでしょうか。たとえば、地元の地名とバードウォッチングや野鳥というキーワードを入れて検索して、フォローしたり、コメントを述べたりすることで繋がりを持つ努力をすれば、若い人を取り込めるのではないかと思いました。昔、探鳥会に参加した若者に話かけるのと同じことだと思います。ネットの活用、SNSの利用の少なさは、そのまま若者との接点がないことになります。
 また、昔ならばどの会に行っても同じ顔ぶれで同じ雰囲気でした。しかし、同じ鳥業界と言えども参加者の年齢層、男女比、雰囲気はまったく違ったものがあると感じました。ある意味、業界の幅が広がったのだと思います。その中で日本野鳥の会がどのような役割を果たすのか、果たせるのか、今後の課題だと思いました。 
 P1080671
  懇親会は、おしゃべりをしている間に食べ物がなくなってしまいました。写真は、大阪支部長の松岡三紀夫さんのお馴染みのマジックショー。なんとかタネを見つけやろうと、観察する方々の真剣な目つきは鳥を見る目と同じですね。 
  いずれにしても、皆さんお疲れ様でした。また、スタッフの方々、お世話になりありがとうございました。

 

2019年11月 2日 (土)

好天の ジャパンバードフェステバル

  本日は、我孫子市手賀沼のほとりで行われているジャパンバードフェステバルに行きました。

P1080625

 例年にない好天と人出でした。また、出店内容や講演会などのプログラムも充実していて、ていねいに見て回ったらいくら時間があってもたりません。
 お世話になっている方々にご挨拶できましたが、それでも会えない方がいました。先日の日本鳥学会の会場より人に出会うのが難しいほど混んでいました。
 まずは、谷口高司さん、大西敏一さん、瀬古智貫さんの図鑑のお話。谷口さんがイラストを描く立場、大西さんが解説を書く立場、瀬古さんが編集と売る立場と絶妙のキャスティングです。

P1080623
 図鑑を作る苦労話だけではなく、けっこう楽しんで作っていることも皆さん、知ることができたと思います。いずれにしても、図鑑をもっと活用してバードウォッチングを楽しんでもらえたらと言うのが共通した意見でした。
  水の館会場は、すごい人出で食べ物のブースは12時前から長蛇の列。食べ物を確保してから、会場入りして正解でした。
 気になっていた録音機のタスカムのブースも立ち寄る人が多くて安心いたしました。会期中は、ジャマー付きの上に価格コムより安いというのはかなりお買い得です。

P1080628
 イベントは、明日の午後3時まで。全部しっかり見るためには、午前中早めから行かないと無理かもしれません。まずは、下記サイトでイベント内容を把握、お店の的をしぼり、予習をしてから行くことをお勧めします。参考URLを下記します。
  http://www.birdfesta.net/jbf/event.html



2019年9月15日 (日)

日本鳥学会2019に参加-2日目

 本日も、北千住にある帝京科学大学で開催されている日本鳥学会に行ってきました。
 2日目で要領も掴めたので、聞きたい発表を聞いて、見たいポスターを見てきました。
 会いたい人もたくさんいたのですが、参加者が史上最高の800人もいるのですから、お会いしたかったのに巡り会えなかった方が何人もいて、残念でした。
 発表では、ぜひ聞きたかったのが濱尾章二さんの南西諸島のヤマガラの話です。シジュウカラのいる島といない島があって、それぞれシジュウカラのさえずりを聞かせるとどのように反応するかはとてもおもしろかったです。シジュウカラのいない島のヤマガラは、他のヤマガラだと思って反応するそうです。ヤマガラにも、鳴き声図鑑が必要なのかもしれません。
 ポスターはなんと言っても、越川重治さんのムクドリが営巣している巣箱にネコの糞を塗りつけるという発見です。けっこうやっているようで、今まで思いもよらない新知見です。推論ですが、臭いでヘビを除けているのではないかということです。これから、鳥の巣を見つけたら臭いをかいでみることにします。とくに、ムクドリ系は要注意です。また、家に帰ってから考えたのですが、ネコが日本列島に渡来してわずか数千年しかたっていないはずです。ムクドリとネコが出会って、とても短い時間にこの技を習得したことになり、いつからはじめたのか、どこでもやっているのかなどなど想像がどんどん膨らんでいきます。
 鳥学会での収穫品です。

 190915
 左から日本野鳥の会のジシギTシャツ、タスカムのDR-05 Version3と、前にあるのはおまけのジャマー、本の『世界の美しい色の鳥』は嶋田忠さんの写真展で入手したものに著者のシバラボさんにサインしてもらいました。谷口高司鳥絵工房謹製、鳥の正面顔コレクションのレンズ拭き。中央は、今回の講演要旨集となります。
 ある意味、学会はネタの宝庫です。講演要旨集だけでも、トリビア本が1冊できるくらいネタがつまっています。こうして発表されたものは、引用先を明確にして使えないこともありません。しかし、会場で聞いた話のなかには公表できないネタもあります。いずれ学会での発表を待つしかない、なんだか喉がむずむずしてくるようなおもしろい話もありました。
 おかげで、今日も喉が痛いです。

2019年9月14日 (土)

日本鳥学会2019に参加ー1日目

 本日は、北千住にある帝京科学大学で開催されている日本鳥学会に行ってきました。
 私は、東京周辺で開催されるときにしかいかないという不勉強者です。今回は、大学の隣の小学校はカミさんの母校ですし、北千住はお馴染みの街ですので、散歩がてらの参加です。
 今回、最大の参加人数とかで、どの発表も満席、ポスター発表もにぎわっていました。毎回、学会で感じるのは”若い人が多い”です。今回も同じです。仮に地元の学生さんたちをのぞいても、若い人が目に付きます。こうした若い研究者の方の発表に刺激を受けるのが、いちばんの目的です。
 また、昔なじみ懐かしい顔を見つけて生存確認をする意味もあります。東京近郊に住んでいる仲間はまだ参加していますが、地方からの重鎮の参加はほぼなくなりました。まわりを見回すと、おそらく私より年上は数人でした。ただ、同年代でもいまだがんばって面白い課題に取り組んでいる人もいるのですから、これまた刺激になります。
 うれしいのは、録音や鳴き声についての発表が多くなったことです。長時間録音やタイマー録音を駆使してデータを収集して分析するというのが、いくつもありました。それぞれ、おもしろい成果や新知見を得ているのですから、これからも期待したい分野です。
 共通の悩みは、たくさんデータは取れるけど分析がたいへんということで、これからの課題も見えてきた感じです。
 ここ数年の傾向として、関連グッズのブースが充実してきたことです。まるで、各地で行われているバードフェステバルのようです。鳥をモチーフにしたいろいろな品物につい財布の紐が緩みがちになります。今回、録音機のタスカムもお店を出して、タイマー録音ができるDR-05 VER3とDR-07MKII VER2をジャマー付きを割引価格で販売するという熱の入れようです。
 つい盛り上がって話をしていまい、今は喉が痛いです。
 皆さん、明日もがんばってください。
 

2019年9月13日 (金)

嶋田忠さんの写真展

 今日は、恵比寿の東京都写真美術館で開催されている嶋田忠さんの写真展に行ってきました。
190913
 実は、日本野鳥の会の安西さんから招待券をいただき、「行って見たら」というか「行け」とのご意向での来訪です。今まで、ずいぶん写真展には行っていますが、有料というのははじめてかもしれません。招待券で入館しての感想で恐縮ですが、お金を払って見る価値のある写真展です。
 写真の点数はもとより、見せ方がすごいです。シマフクロウを、暗いところで見たら迫力ありますよね。今更ながら、鳥って素晴らしい生き物だと認識させられます。
 展示の流れは、嶋田さんの出発点ともなったカワセミの写真集に収録された写真から、時代時代の傑作選、そして最近のゴクラクチョウの仲間まで並んでいます。いわば、見事な作品を楽しみながら、嶋田さんの写真人生を知ることができます。
 昔、私も制作に関わったカレンダーにお借りした写真も数点並んでいて、とても懐かしく思いました。もう、30年以上前のことですからフィルム時代です。それなのに今見ても、たぶんカレンダーに使いたくなる作品でした。
  嶋田さん、これからも素晴らしい作品を世に送り出してください。
 安西さん、ありがとうございました。

『嶋田 忠 野生の瞬間-華麗なる鳥の世界』
会期:2019年7月23日~9月23日
会場:東京都写真美術館 2階
住所:東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
開館時間:10:00~18:00(木金〜20:00)
休館日:月(祝日の場合は翌平日)
観覧料:料金:一般 700円 / 学生 600円 / 65歳以上・中高生 500円 / 小学生以下無料
アクセス:JR恵比寿駅東口徒歩約7分、東京メトロ日比谷線恵比寿駅徒歩約10分
東京都写真美術館のURL:
 https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3412.html

2019年7月17日 (水)

Fledged.-菅原貴徳写真展

 今日からはじまった菅原さんの写真展に行って来ました。菅原さんとは拙著『鳴き声から調べる野鳥図鑑』(文一総合出版)で、コンビを組んで以来のおつきあいです。
Sugawara190717

 久しぶりの晴れで、平日なのに表参道はすごい人でした。混んだ表通りから一歩入った閑静な住宅とおしゃれなお店が点在する中にギャラリーがありました。表参道ヒルズの裏手にあたり、喧噪から離れてほっとできる空間です。菅原さんの写真もほっとさせてくれるものばかり。世界中を飛び回って撮影した鳥たちが、それぞれの風景のなかに生き生きと描かれていました。
 タイトルのFledged.には、巣立ちの意味があるそうです。もうとっくに巣立っていると思っていたのですが、このあたりの謙虚さが菅原さんらしいといえばらしいタイトルです。お近くにお出でのせつは、ぜひごらんいただければと思います。
 私は、天気と写真展のおかげで久しぶりに今日は1万歩を超えました。

会期 2019年7月17日(水)~21日(日)
会場 ピクトリコ ショップ&ギャラリー表参道
住所 東京都渋谷区神宮前4-14-5 Cabina表参道1F
時間 11:00〜19:00(日曜は17:00まで)
休館日 会期中無休
料金 無料
問い合わせ ピクトリコ ショップ&ギャラリー表参道(TEL 03-6447-5440)
参考サイト
https://capa.getnavi.jp/pickup/190717sugawara/?fbclid=IwAR0pR_bnX4Z13Z94v0-krh1iSnnFp6x2x5jWsXtcEjA6NkOdJtWIOpPMbp4

2019年4月15日 (月)

カミさんの個展の設営-明日からです

 本日は、明日から始まるカミさんの個展の設営でした。
 Koten190415

 カミさんは、ガイドをやめて日本画家になってしまいました。もちろん、テーマは鳥です。鳥好きの方ならば、一度は見たことのあるシーンが描かれているのではないでしょうか。
 設営は、絵がだんだん大きくなってきたので、たいへんでした。そのかわり、迫力があります。そこそこ広い画廊なのですが、大きな絵が映えて見応えがあると思います。
 期間中、もし銀座にお出でになる機会がありましたら、お立ち寄りいただければと思います。
 地下鉄京橋駅を日本橋寄り6番出口を出て昭和通りに向かって入ったところです。すぐに「ギャラリーくぼた」の看板が見えます。
  案内ハガキです。
2019 

 鳥トリBIRDS 松田蘭子日本画展
 2019年4月16日~21日まで
 12:00~19:00(最終日は15:00まで)
 ギャラリーくぼたのURL
 http://www.gallery-kubota.co.jp/

2019年2月 3日 (日)

舎人公園-あしだちの会

 今日は、あしだちの会の舎人公園探鳥会に参加いたしました。

Toneripark190202

 舎人ライナーの駅から直結の公園です。園内に入ったとたんにシジュウカラのさえずりが迎えてくれました。今シーズンはじめてのさえずり、初鳴きです。
 探鳥会の参加者もいつもになく多め。公園を歩く人もたくさんいるなかでの探鳥会です。 今日の暖かさは、シジュウカラばかりでなく人もウキウキさせるようです。
 探鳥会が始まって、最初にきれいなジョウビタキの雄が目の前に出現。見てくれと言わんばかりに飛び回ってくれました。
 池では、他では少なくなったバンが、普通にいました。以前と比べて、カモ類が少なめです。ヒドリガモはいつもどおりだそうですが、なにしろキンクロハジロとホシハジロといった潜水性のカモ類がいないのです。おかげで、識別ポイントネタを披露できませんでした。
 ヨシ原にアトリがチラチラ見えて、このあと樹木のあるところでも見ることができました。以前、六義園ではツグミがいなくて、舎人公園では普通にいたことありました。ところが、今シーズンは舎人公園でも少なく、やっと2羽を見つけることができました。
 春めいた水辺でのバードウォッチング、あっというまにお昼になって終了。今シーズン中に、またじっくりと訪れてみたいと思います。 

2019年2月 2日 (土)

菅原さんの写真展「SNAP! BIRDS」-フジフイルムスクエア

 本日は、六本木の東京ミッドタウンのなかにあるフジフイルムスクエアで開催されている菅原貴徳さんの写真展に行って来ました。

20190202_120933

 久しぶりの六本木です。アマンドがどこだかわからなくなりましたし、東京ミッドタウンができて初めてです。
 写真展は、小粒ながら中身の濃い写真ばかりです。「暮らしの中にある“鳥風景”」という副題が付いているのですが、人のそばで生活している鳥たちの姿をていねいに追った写真で構成されています。日本はもとより、彼のライフワークである海外取材で撮影したノルウェイやアラスカなどの風景のなかの鳥たちです。いつも見ているキンクロハジロやマガモも、彼の手にかかるとよりいっそう素晴らしい鳥に見えてくるのですから不思議です。
 菅原さんとは『鳴き声から調べる野鳥図鑑』以来のおつきあいですが、ますます腕を上げ、菅原ワールドを確立した感があります。ここ1年で写真展は2回目、加えて海外取材も行っているのですから、ものすごいエネルギーです。
 どうぞ、いっけんの価値のある写真展です。
 詳しくは、下記のURLで、ご確認してからおたずねいただければ幸いです。
 http://fujifilmsquare.jp/detail/19020103.html

2019年1月27日 (日)

三味線をはじめて手にする-日光で新年会

 週末は、日光野鳥研究会の新年会でした。大雪の予報でしたが、さほど降らず。地元の人の話では、こんなに雪の少ない日光は珍しいとのことでした。
 別荘地を歩くと、アトリとマヒワといった冬の日光ならではの小鳥たちの群れが飛び交っていましたが、雪がないとは言え、さすがに日光の寒さはきついです。
 新年会は、もちろん室内なので楽ちんです。
 ペンション・トロールの森さんのお世話になり、おもいきり食べて飲んで、おしゃべりする会です。
 今年は、例年にない趣向として、会員のK井さんと月之座さんの三味線講座が開かれました。K井さんはお師匠さんです。昔ならば、横町の稽古場に町の若い衆が列をなして通ったことでしょう。月之座さんは、30年ぶりにバチを持ったとか。三味線の基礎の基礎を教わりました。私も三味線を手にしましたが、考えてみたら生まれて初めてことでした。
 師匠連の奏でる古今亭志ん生の出ばやしの「一丁入り」です。太鼓のかわりに壁を叩いて音を出しているのは私です。

「ittyouagari190126.mp3」をダウンロード

 トロールの森のフィンチホールは、20人程度入れる小さなホールです。ここでは、ピアノなど音楽系の合宿に利用されるだけあって、音響効果が良いですね。三味線の音が良い感じに響きました。
 PCM-D100をどこに置こうか、かなり悩みました。近くに置くとお二方のどちらかの音が大きくなっていますし、後ろに置くと観客の息遣いや衣擦れに入りますし、右にはストーブ、左にはエアコンがあるということで困りました。いずれにしても、全体の雰囲気を録ろうということで後ろに置いて、ボリュームを絞り気味にして録ってみました。まずまずの音になったと思います。
 昔、十条に下宿していたとき大家さんのお婆さんが、ときどき三味線を練習していました。つま弾く三味線の音が、下町の風情にぴったりと合う音であったことを思い出しました。
 いずれにしても、粋な音です。

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ