フォト

観察記録

2019年5月16日 (木)

カケスかトビか-日光

 先日の日光の雑木林に置いたタイマー録音に入っていた鳴き声です。YAMAHA W24で録音。1,000Hz以下のノイズの軽減、軽くノイズリダクションをかけています。 

 もし、カタカナ書きをすれば「ピーヒョロロ」と聞こえる鳴き方です。時刻は午前4時4分、昨日のヤマドリのすぐあとです。2分51秒にわたって、19回鳴き続けました。
 トビでしょうか。ただ、この雑木林でトビが木にとまっているのを見たり聞いたりしたことはありません。もちろん、日光にはトビがいますので絶対にいないとも言い切れません。なお、トビとしては鳴き声の印象が少し違うのです。トビの音域は、2,000~3,000Hzあたりにありますが、この声は1,800~2,100Hzと低いのです。また、「ピーヒョロロ」は、最後の音がかなり伸びて長く聞こえるのですが、短く唐突に終わっています。
 そうなると、カケスが怪しいのです。この森でカケスの声を聞くことはよくありますし、以前にもだまされました。しかし、今回3時間の録音のなかに一声も「ジェイ」というカケス特有の鳴き声はありませんでした。
 だいたい不思議な声が聞こえても、しばらくすると「ジェイ」と聞こえて「なんだカケスか」ということになるのですが、今回はありませんでした。
 あるいは、ノスリなど他の猛禽がこのような声をだすことがあるのか。
 いずれにしても、姿の見えないタイマー録音のもどかしさです。また、この森を訪れたとき、この声が聞こえて正体が解明されることがあることを祈ります。 

 

2019年5月15日 (水)

ヤマドリの母衣打ち-日光

 以前、日光ではヤマドリは少ない鳥で、遭遇するのは山奥でした。半日、山登りをして足元から飛び立ってびっくりという出会いでした。
 このところハンターが減ったせいか、別荘地などの人家近くでも母衣打ちが録音されるようになり、数が増えた印象があります。
 今回の標高800mくらいの別荘地に隣接する雑木林に録音機を仕掛けましたタイマー録音にも、母衣打ちが入っていました。今回ほど頻繁に録音されていることはありませんでした。

 母衣打ちが始まるのは、小鳥がさえずりはじめる午前4時でした。20分間の間に18回音がします。平均約1分ですが、最初の2回分の音は小さく、2分40秒ほど間が空いて大きな音になります。この2分40秒は、録音機のある方向に歩いてきたのでしょう。そして9回。今度は3分14秒間があいて、さらに音が大きくなって7回音がしました。
 何回か、母衣打ちをしてはなわばり内を巡回していく様子が、音からも想像できます。
 この一連の母衣打ちのなかに入っていた音が不明です。YAMAHA W24でタイマー録音。ボリュームの増幅、ノイズリダクションを軽くかけています。
 母衣打ちの1.2秒ほど前に入っている濁った音です。なお、母衣打ちの音は低いので再生環境によっては聞こえないことがあります。少なくとも、私のipadでははっきりとは聞こえませんでした。また、母衣打ちのような低い音は方向がわかりにくいので、同じ方から聞こえて来ているのかは不明です。ヤマドリの鳴き声なのか、それとも別の生き物なのでしょうか。
 いずれにしても、夜が明けたばかりの森で、生き物たちの息吹を感じる音です。

 

 

 

2019年5月14日 (火)

今、標高1,000m以下が良い-日光

 長い連休が終わって、やっと日光がすき始めました。地元の人に言わせると、いちばん良い季節なのに人がこない時です。
 前回、標高1,500mあたりの霧降高原で録音したところ、コマドリ、ルリビタキなど、ひととおりの種類が入っているものの、遠くてあまり良い音が録れませんでした。まだ、個体数が少なくてコーラスが薄い感じなのです。
 今回は、1,000m以下。800mくらいの雑木林に録音機を仕掛けました。今朝ですから雨の心配もありました。しかし、幸いにして一滴も降らず。良い音が録れました。
 午前3時7分、最初に鳴き始めたのは近くで飼われているニワトリです。その後、4時2分にキビタキをかわきりにクロツグミ、キジバト、イカル、センダイムシクイ、ウグイス、オオルリ、ヤマドリ、ツツドリ、メボソムシクイ、アオゲラ、コサメビタキ、ヒヨドリ、ヤマガラ。そして、不明の声もあって、とてもにぎやかでした。
 キビタキとオオルリの競演です。TASCAM DR-07で録音。ボリュームの増幅、2,000Hz以下のノイズの軽減、軽くノイズリダクションをかけています。

 メボソムシクイは、この標高だと通過だと思います。しかし、それ以外はここでこれから過ごす連中です。それだけに、さえずりにも力が入り生き生きとした音になります。

2019年5月11日 (土)

長期滞在したコマドリ-六義園

 まず、お断りしておきますが、この情報は1週間前のものです。ですから今、六義園に来てもいません。と書いておかないと、以前も珍しい鳥の情報をだいぶたってから上げたら、来てしまった人がいるのでご注意です。
 六義園の常連さんたちからコマドリが鳴いていると情報をいただいたのは、4月下旬です。ところがこのコマドリ、今まで六義園で出現したコマドリとちょっとようすが違いました。
 まず、声が小さい。鳥が鳴いている藪と順路との距離は、わずか10mほど。この距離でコマドリのさえずりならば、はっきりと聞こえ録音機の録音レベルを下げないと音が歪んでしまうはずです。以前、六義園に出現したコマドリは少なくとも50m先から聞こえ、そのとき六義園にいたバードウォッチャーが全員集まったほどです。
 ところが、私をはじめ高齢者は、言われて耳をそばだててやっと聞こえる小さな声なのです。耳の良い人が、鳴いていると教えてくれないとわかりません。録音しても、街の騒音のなかにかろうじて聞こえる程度の音にしか録れません。
 つぎは、姿が見えない。おそらく10日以上、2週間は滞在したと思うですが、誰も姿を見ることができませんでした。もちろん、写真を撮った人もいません。毎日、来ている常連さんたちもお手上げです。かろうじて、見えたのはスズメより小さな鳥の影がチラッ程度でした。人がぞろぞろ通る順路から、わずか10m離れた藪の中なのですから人を恐れているわけでもなく、ひたすら藪から出てきませんでした。
 ちなみに、順路にそった30m、幅10mの藪のなかに2週間いました。とにかく、この場所がお気に入りでした。
 コマドリのさえずりは「ヒンカラカラ」と言われますが、高い低い、長い短いなどのバリエーションがあります。また、渡り途中、あるいは繁殖地でも小声で短い鳴き方をします。今回の鳴き方は、渡り途中でもあるし練習歌だと思いました。
 しかし、2週間もいれば本格的な鳴き方になると思うのですが、最後まで小さな声でした。そのため、私はかろうじて聞こえた声から、シマゴマをうたがってしまうほどでした。シマゴマのさえずりは、コマドリとよく似ています。私が、カムチャッカや粟島で録音した声は、コマドリより声量がなく節が長い、尻下がり、最初の「ヒン」が複数音あり長いなどの違いがあります。ただ、コマドリのバリエーションのなかにあるかもしれません。
 とにかく姿が見えないのですから、鳴き声がたよりです。そのため、近くに来たところで鳴いてくれないか、録音機を1日置いておきました。
 TASCAM DR-07で録音。ボリュームの増幅、2,000Hz以下のノイズのカット、かるくノイズリダクションをかけています。

 大きく聞こえますが、おそらく録音機との距離は1、2mのはずです。こうして大きく録音できた音声を聞くと、コマドリであることは間違いないと思います。ただ、ここに上げたものだけでも、皆高さも長さも調子も違います。全体では、もっと複雑で変化に富んでいますから、とても多才なコマドリといえるでしょう。
 今頃は、繁殖地に到着してよき伴侶に恵まれることを祈ります。

2019年5月 6日 (月)

ハシブトガラスの雛の鳴き声

 だいぶ前になりますが、蒲谷鶴彦さんの一番弟子の福沢範一郎さんに「ハシブトガラスの雛の声を聞いたことがない」という話をしたら「家の庭の木で巣を作ったとき、鳴き声が聞こえたし録音できた」と言われました。その後、ハシブトガラスの巣をずいぶん見てきましたが、捕獲された雛以外、鳴き声を聞いたことはありませんでした。
 現在、私の部屋の窓から10mくらいのところにハシブトガラスの巣があります。作り始めた頃は、丸見えでカラスと目があったらやばいと思っていたのですが、あっというまに葉が茂って見えなくなりました。巣の存在は、朝に宣言鳴きをしたり、ときどき巣の方から親鳥のつぶやくような鳴き声が聞こえることで、わかるていどです。
 そろそろ、雛が成長してきているはずなので、福沢さんが言った雛の声を録ろうと、ベランダに録音機を一晩仕掛けておきました。
 TASCAM DR-07MKⅡで録音。ボリュームの増幅、500Hz以下のノイズの軽減、軽くノイズリダクションをかけています。 

「ガ、ガ」あるいは「グワ、グワ」と聞こえるのが親鳥の鳴き声。「キャ、キャ」という高めの声が雛の声でよろしいかと思います。少なくとも声がかぶっているところがありますので、2羽の雛がいる可能性があります。
 昼間、聞いていると親鳥の声で、巣に戻ってきたことがわかりますが、雛の声が聞こえたことはありませんでした。録音して、増幅してやっと聞こえるていどの小さな声でした。

 

 

2019年5月 3日 (金)

六義園の夜

 六義園に録音機を一晩置いてみました。このところ、夜半の雨、あるいは風の強い日が多くて夜の録音がなかなかできません。
 録音をしてわかったことのひとつに、自然は昼と夜ではまったく違う顔を見せてくれることです。フクロウがいちばん気になりますし、昼間鳴くことのない渡り途中の夜行性の鳥たちが録れるかもしれません。それだけに、初夏のこの時期、試してみたいことです。
 やっと4月28日から29日にかけては、風があるもののなんとか雨のない夜でしたので、録音機を仕掛けました。3台を閉園時間の午後6時に置いて、翌日の開園時間の午前9時に回収しました。ということは、1台15時間×3台で45時間のデータが収集できたことになります。もちろん、リアルタイムで聞くわけにはいきません。声紋表示をして、音を探しては聞くという方法でチェックします。
 22時56分に入っていたのは、ゴイサギです。小さな声がだんだん大きくなって、また小さくなっていますので、六義園の上を鳴きながら飛んでいたようです。 

 このところ、六義園では会う機会が減ってしまったゴイサギですが、夜には鳴き声を聞くことがあります。六義園は、夜の狩り場になっているのかもしれません。
 トラツグミの一声鳴きと思われる音です。

 午後10時04分頃です。六義園の夜の録音では、この音がときどき入ります。日光でも、録音されていたことがあります。トラツグミのさえずりに近い音の高さと長さです。トラツグミが一声だけ鳴くというのを観察していますので、トラツグミの可能性が高いと思っています。
 ネコの歩く音でしょうか。

 午前1時20分頃です。六義園には、小型の哺乳類がネコの他にタヌキ、ハクビシン、アライグマがいると思います。そのため、ネコ以外の可能性もあります。もしネコならば、ネコは昼間もよく狩りをするためにうろついています。夜もこうして歩き回っているとしたら、なかなかの働き者です。
 不明の声?です。

 午後10時36分頃です。道路から離れた場所なので、酔っ払いの叫び声ではないでしょう。鳥ではなさそうですが、このような声を出すほ乳類も思い浮かびません。いったい何なんでしょう。
  午前4時頃になると小鳥たちが鳴き始め、いろいろな声紋パターンが表示されてます。ツグミなどの冬鳥のさえずりや渡り途中の夏鳥たちの鳴き声がないか、まだまだ全部チェックしきれていません。何が出てくるか楽しみです。

2019年4月28日 (日)

ツグミのさえずり?-六義園

 昨日の六義園は連休初日とあって、なかなかのにぎわいでした。人のいない方いない方に行くと、ツグミ類のさえずりが聞こえて来ました。 
 TASCAM DR-07で録音。ボリュームの増幅、2,000Hz以下のノイズのカット、ノイズリダクションをかけています。

 昨日の六義園には、ツグミ類はシロハラ、アカハラ、ツグミがいました。渡りのこの季節、過去にはクロツグミ、マミジロ、マミチャジナイが出現しています。ツグミ類の多くが可能性があります。
 数的にはシロハラが多いため、最初はシロハラだと思って録音していました。しかし、いろいろな節で鳴くので、だんだん自信がなくなってきました。なんとか、姿を確認しようとしましたが、良く茂ったスダジイの中にいて見えません。鳴いていたのは15分ほどです。この間、場所を変えては姿を見ようとウロウロして上を見ていたら首が痛くなりました。
 姿の確認はとうとうできずじまいでした。
 ということで、過去の録音やネットにアップされている音声を聞いてみると、いちばん可能性の高いのはツグミではないかということになりました。
 いろいろなツグミ類の声を聞いて、ツグミの節のなかに「キョロンチー」が入ることが気が付きました。たとえば、録音仲間のS木♂さんにブログ「野原から」にアップされている音声にもあります。
 http://blog.livedoor.jp/gnohara/archives/8128283.html
 『鳴き声ガイド日本の野鳥』に収録した芝川第一調節池で録音した音源もよく聞くと「キョンチー」が入っていました。
 今まで、「カッカッ」や「ケスケス」などの地鳴きを交えるのがツグミの特徴と思っていましたが、ないものあって「キョロンチー」のほうが確実な識別ポイントではないかと思いました。
 今日の六義園では、ツグミが3羽。眉と喉がクリーム色で翼の煉瓦色が美しい夏羽になったツグミたちでした。この美しい姿でさえずっていたと思うと、ぜひ姿を見てみたかったとせつに思いました。
 ツグミのさえずりが聞かれるのは、ここ10日間くらいでしょう。もし、機会があったら「キョロンチー」が入るかどうか、ご確認いただければと思います。

 

2019年4月27日 (土)

シロハラのさえずり-六義園

 連日の寒さにかかわらず、六義園を夏鳥たちが通って行きます。
 まだ、残っている冬鳥はシロハラくらいですが、よくさえずってくれました。良く茂ったスダジイなどのなかで鳴きますので、リップシンクロを確認するのが困難ですが、かろうじてくちばしを開けているのを確認できた音声です。
 PCM-D100で録音。ボリュームのアップ、2,000Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

  以前にも、アカハラとシロハラのさえずりの区別のポイントがわからないということで記事にしました。六義園には、アカハラもいる可能性がありますから、しっかりと区別したいところです。
 こうして、シロハラのさえずりを聞いてみると、アカハラによくある3つめの音の「チリリ」がないか「チッ」ていどで短い、音質が金属的、あるいは澄んで聞こえることかなと思っています。声紋を見ると、シロハラのほうがくっきりしていて音がシャープであることがあります。アカハラのほうは、ぼやけた感じで少し濁りがある感じと言ったらよろしいでしょうか。
 このシロハラのさえずりをマスターするれば、意外と夏に繁殖しているのを見つけることができるかもしれません。 

 

 

 

2019年4月25日 (木)

エナガ団子がほどけて-六義園

 おそらく六義園では、エナガが4ヶ所で営巣していたと思います。いつも出会う場所があって、ときには巣材、あるときは餌をくわえ、尾がしの字になったエナガを見かけました。
 先週、少なくとも2ヶ所で巣立ちが行われたようで、巣立った幼鳥たちが一列に並ぶエナガ団子が見られたと、常連さんたちが興奮して話してくれました。写真を見せてもらうと、幼鳥の数は16羽が並んでいました。
 エナガの卵の数は、平均9.4個、5~10個ですから、どう考えても16羽は一家族としては多い数です。写真では10羽と6羽が違った向きで並んでいますから、この違い別の兄弟ならば少なくとも2家族が合流したのではないかと思います。
 今、六義園を歩いて運が良ければ、このエナガの群れに合います。もう、団子状にならないほど大きくなっていますが、まだ一群れで行動しているようです。エナガ団子がほどけて群れになり、鳴き合って移動していく幼鳥たちの鳴き声です。PCM-D100で録音、3,000Hz以下のノイズをカット、ボリュームの調整、かるくノイズリダクションをかけています。

 このとき、数えた限りでは10数羽はいました。ほぼ無事に生き延びているようです。この群れの中には以前、記事にした尾のないエナガの成鳥も混じっていましたから、尾がなくても繁殖には成功したことになります。
 新緑の森に鳴き合うエナガの雛たちの鳴き声が、よく似合いました。

 

2019年4月24日 (水)

六義園でフクロウ鳴く

 六義園の周辺では、このところフクロウの記録が報告されています。
 六義園では、過去にも職員による目撃例、私のフクロウのペリットらしいものの発見があるので、いずれは鳴き声が聞かれるのではないかと期待していました。
 まず、3月15,6日のライトアップ試験中に職員がフクロウらしい鳴き声を聞いたと教えてくれました。同じ頃、別の職員も聞いたと話してくれました。ライトアップを行ったことでネグラをしていたハシブトガラスが六義園を嫌い減ったことが、フクロウの飛来を可能にしたのではないかと推測しました。
 そして、ライトアップ本番中の3月23日のことです。夜中の12時にメールをチェックすると、K村さんから小石川植物園でフクロウの羽毛が散乱していたとの報告を受けました。そんなこともあるのだと思いながら、何の気なしに窓を開けると六義園からフクロウの鳴き声が聞こえてきました。
 PCM-D100で録音。フクロウの鳴き声の音域をボリュームアップ。500Hz以下をほぼカット、ノイズリダクションをかけています。

 こんな偶然もあるのですね。考えてみれば、夜中の12時に窓を開けることはあまりありません。それ以前にも、鳴いていたかもしれません。
 その後、夜中に目が覚めると窓を開けては確認しましたが、鳴き声を聞くことはありませんでした。しかし、4月21日にだいぶ暖かい夜でしたので、午後9時頃に窓を開けると鳴いていました。ライトアップは、4月3日で終了しています。ただ、ハシブトガラスが繁殖期に入り、園内でなわばりを構えている数番のみが夜を過ごしているために、フクロウの飛来を許したのでしょう。
 小石川植物園では、1羽死んだことになりますが、その後も鳴き声を聞いているとのことで、死んだのはメスではないかと思われます。六義園でも鳴いているので雄。小石川植物園からの飛来なのか、別の雄なのか微妙なところです。
 ここで、課題が一つ。この鳴き声が、フクロウの典型的な節ではないのです。どちらかというとエゾフクロウ的で、単純な節なのです。
 ちょうど、日本野鳥の会筑豊支部のS田さんのブログを見たら「フクロウの声のバリエーション」と題し、同じように単純な節で鳴くフクロウの報告がありました。
 http://yacho.org/cbird/pages/4_kazakiri/shibuta_akira/dir2019.htm
 九州ですから、こちらは亜種キュウシュウフクロウの可能性が大きいのですが、エゾフクロウ的な鳴き方をしていることになります。
 六義園と筑豊とほぼ同じ時期ですから、季節的なものなのかもしれません。あまたあるフクロウの鳴き方には、このようなバリエーションがあってエゾフクロウは、このバリエーションが多いか少ないかの違いなのか。などなど、フクロウの鳴き声の課題が増えました。

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ