観察記録

2021年1月 7日 (木)

ツグミの鳴き声-染井墓地

 六義園が休園なので、近くの染井墓地へ行きました。
 墓地の良いところは空が広いことと、人が少ないことですかね。少なくとも三密は避けられます。
 染井墓地そのものは樹木は少ないのですが、隣接する岩崎家の墳墓の敷地は六義園より高い樹木が生い茂っています。ただ、高い塀に囲まれ立ち入り禁止です。そのため、鳥たちはこの緑地と墓地を行ったり来たりしています。
 本来サンクチャリーは、公園の一角に人が立ち入ることができないスペースを設け、鳥たちの逃げ場と餌場を提供するというもの。岩崎家の墳墓の敷地は、サンクチャリー効果が絶大で、墓地全体に鳥が多いことになります。
 多かったのは、ツグミです。
 3,40羽は、いたでしょうか。たえず、数羽の群れが行き交っています。
 日本海側では、大雪の報道が伝えられています。このツグミたちの群れは、雪に追われてやって来たのでしょうか。
 ということで、ツグミの鳴き声を録音してみました。40分あります。これまで、これだけ長時間ツグミの声を録音したことはありません。
 ツグミならいつも鳴いているのでは思われるかもしれません。しかし、ツグミが鳴いたからといって録音を始めても、数声で鳴き止み実際に録音できるのは一声がやっとです。活動的なツグミは、すぐに飛び去ってしまうため野鳥録音で難題な鳥の一つです。
 ですから、このような群れが飛び交ってくれるシーンは、かっこうの録音チャンスとなります。
 TASCAM DR-05で録音。ツグミの鳴き声のない部分をカット(間をつめています)、ボリュームのアップ、1,500Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

 鳴き合う声は、2声が多いことに気が付きました。ときどき3声もあります。こうして鳴き合うことで、群れの一体感を確認しあっている感じです。
 これが、芝生や田んぼのようなところで1羽になると、なわばりを守るために身体をぶつけ合うほどのケンカをするのですから、その違いは何なんでしょう。
 まだ、季節的に食べ物がたくさんあってなわばりを構える必要がない、群れの年齢構成の関係、樹木の多いところと開けた環境の餌資源の違いなどなど、考えられます。
 いずれにしても、染井墓地できびしい冬を乗り越えて欲しいものです。

2021年1月 3日 (日)

野鳥録音始め-スズメ

 正月なので、カミさんの実家に行って来ました。
 前回のスズメの録音が気になって、同じように水盤のそばに録音機を置いておきました。
 正月のため街はとても静かです。しかし、線路際の家なので電車の音の間にスズメが鳴いてくれるように2時間程度の長時間録音をしました。
 義弟がスズメへのお年玉でお米を少し撒いてくれました。さっそく、スズメがやって来て餌を見つけたときの声です。
 TASCAM DR-05で録音、録音ボリュームはいつもの70%程度、1,200Hz以下の低音の軽減、ノイズリダクションをかけています。

 なんとなく喜びが伝わってくる鳴き方です。
 その後、ネコが庭に近づいてきました。ネコへの警戒の鳴き声が録れました。録音状態と編集加工は同じです。


 緊張が伝わってくる鳴き声です。この鳴き声をふだんでも聞くことがありますが、ネコなどの天敵の姿が見えないことが多いです。私たちには見えない敵をいち早く見つけての警戒なのでしょう。今度、この鳴き声が聞こえたら辺りをよく探して見ることにします。
 新型コロナの蔓延のなか、活動が制約されています。しかし、こうしてスズメの録音をしてみるとまだまだやることが、身近にたくさんありそうです。野鳥録音に飽きることはないでしょう。
 どうぞ、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

2020年12月25日 (金)

ジョウビタキ雌の鳴き声-六義園

  都立公園の年末年始の休園期間が長~くなりました。六義園も例年12月29日~翌年1月1日まで4日間ですが、今年は12月26日から1月11日までとなりました。
 ということで、本日は六義園納めとなりました。
 日本海側から関東北部の山に雪が降ったおかげで、ツグミ、シロハラ、アオジといった地面で食べ物を探す小鳥が増えました。アトリも見つけました。本日は、一瞬ですがこの小鳥たちを追ってハイタカも出現しました。
 録音できたのは、ジョウビタキの雌の鳴き声です。このジョウビタキは、日本に雪の降る前から六義園にやって来ていました。日本海を渡ってもっと北からやってきたのですから、大陸の繁殖地に雪が降ったのをタイミングで来たのかもしれません。
 TASCAM DR-05で録音、1,500Hz以下の音域のノイズを軽減、ボリュームのアップ、ノイズリダクションをかけています。

 ジョウビタキの雌と雄との鳴き声の違いを見いだしたいと思っていますが、いまのところわかりません。雌はこのように良く鳴き録音もしていますが、雄は鳴くことが少ないのかサンプルが少なく比較がなかなかできないでいます。
 六義園の野鳥録音納めは、ジョウビタキ雌の鳴き声の録音となりました。

2020年12月24日 (木)

オカヨシガモの鳴き声-六義園

 このところ六義園の池は、カモであふれています。面白いのは、六義園では珍しいカモが日替わりで入ってくることです。多いカモは、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、マガモです。しかし、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、コガモなどが単独で1日だけ滞在してくれます。どうも、キンクロハジロが夜に行く餌場から付いてきてしまったようです。
 ちなみに、キンクロハジロにとって六義園の池は昼のねぐらです。ですから日没とともに飛び立ち、夜は0羽となります。どこに行くかはわかりませんが、荒川か東京湾まで行っているのかもしれません。これらのカモは、キンクロハジロが戻ってくるときにつられて六義園に来た感じです。
 今日は、オカヨシガモの雄が1羽がつられて来ていました。
 オカヨシガモの鳴き声を録ろうと苦労したことを思い出しました。箕輪義隆さんから習志野市茜浜の地先にいると情報をいただき行ったことがあります。ゴミ処理場から温かい水が排水されていて、カモの群れが集まっているとのことでした。しかし、排水の音がかなり大きいことと、そもそもオカヨシガモがいるものの鳴いてくれませんでした。
 ついで、六義園の常連さんから小石川後楽園の池になぜかオカヨシガモが多いという話を聞き行きました。情報どおりオカヨシガモが10数羽いました。カモ類は、昼間は寝ていても夕方になると活動を開始し鳴くことがあるので閉園時間ぎりぎりまで粘ったのですが、一声も鳴いてくれませんでした。ということで、私にとってオカヨシガモは鳴かないカモでした。
 やっと鳴き声が録れたのは葛西臨海公園の鳥類園でした。それもディスプレイの声でした。では、鳴き合う声はどんな声なのか、不明でした。
 本日、たった1羽のオカヨシガモが鳴いてくれました。3声鳴いてくれたうちの1声をゲットできました。
 TASCAM DR-05で録音。1,500Hz以下の低音の軽減、ボリュームのアップ、ノイズリダクションをかけています。

 ヒヨドリの鳴き声の合間に聞こえるカタカナで書けば「ガア」という声です。ガア系ではありますが、マガモやカルガモの「ガアガア」と違った趣のある声です。同じように濁った音ですが、なんとも深みのある濁りに聞こえます。たとえれば、ハシボソガラスとミヤマガラスの濁った声の違いと言ったらよろしいでしょうか。
 オカヨシガモは、シックな装いと同じように鳴き声もシックでした。 

 

2020年12月13日 (日)

くちばし全体がオレンジ色のマガモ雌-六義園

  六義園の紅葉がピークを迎えています。予約による入場制限も今日までとなりました。
 今年の冬は、ライトアップがないため小鳥の姿は多いように感じます。
 池のカモたちも、のんびりとしていました。
 千鳥橋の周辺にマガモが数羽が集まっていました。よく見ると、くちばしの色に違和感のある雌が1羽いました。くちばし全体が、ほぼオレンジ色をしていました。
 雄の今年生まれの幼鳥のなかには身体の色が雌で、くちばしが黄色いタイプが見られます。しかし、この雌は雄の黄色のくちばしとは違って、赤みのあるオレンジ色をしています。本来の雌のくちばしの縁の色が、全体にひろがっている感じです。
 写真奥の雌は、本来のくちばしの模様のパターンをしてます。
P1110244
 5年ほど前にも六義園で見つけていて記事にしていました。
  http://syrinxmm.cocolog-nifty.com/syrinx/2016/01/post-81f2.html
 前回のマガモの雌と比べてみると、くちばしのパターンはよく似ていますが、2016年のものは身体の色が黒く見え、今回のもの比較して白っぽく見えます。5年たっていることと、身体の色から別のマガモだと思われます。
 マガモは、人に飼われて身体の模様に変化のあるアヒルやアイガモと交雑を繰り返していることでしょう。その影響の可能性があるのかもしれません。
 いずれにしても、個体識別ができるので六義園のマガモの動向を知るのに便利になると思います。

2020年12月 8日 (火)

ホンセイインコのつぶやき-駒込

 六義園が紅葉の見頃となり、予約制にかかわらず、混むようになりました。
 そのため、他のバードウォッチングポイントに出かけてみました。GOTO散歩をかねての探索です。
 日向でのんびり鳥の出てくるのを待っていると、頭の上のイチョウの木にホンセイインコが2羽やって来ました。耳を澄ますと、なにか言っているようです。
 PCM-D100で録音。ボリュームのアップ、300Hz以下の音域のカット、全体にヒスノイズリダクションをかけています。

 街中の緑地ですから、都会の騒音がにぎやかな中での録音です。ホンセイインコとの距離は約5m、つぶやくような小さな声ですからノイズに紛れています。また、遠くで鳴くヒヨドリが声のほうが大きいため、それを軽減しました。
 今まで大きな声で「キュルッ、キュルッ」のバリエーションで鳴くものだと思っていましたが、このような声も出すことがわかりました。
 

 

 

2020年12月 1日 (火)

地鳴きのコーラス-日光

 コーラスといえば繁殖期のさえずりです。しかし、この季節はさえずる鳥は少なく、多くが地鳴きです。地鳴きでも、何種類かが鳴き合えば立派なコーラスになります。
 YAMAHA W24でタイマー録音、ボリュームのアップ、2,000Hz以下の低音ノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。 

 アップした42秒の間に、少なくともゴジュウカラ、ハシブトガラス、ルリビタキ、コガラ、コゲラが鳴いています。割愛したところでは、これに加えてシジュウカラ、ミソサザイ、エナガ、ヤマガラと思われる地鳴きが入っていました。これらの鳥が6分以上にわたって鳴き合ってしました。地鳴きのコーラスと言っても過言ではありません。
 実は地鳴きの録音は、とても難易度が高いのです。というのは、まずさえずりに比べて声量が低いことが上げられます。ささやくのように鳴く音なのですから、小さな音でしか録音できないのです。また、鳴いている時間が短い、あるいは数声で終わってしまうことも録音が難しい理由です。地鳴きをしているからと言って、録音機を準備しても録音ボタンを押す前に鳴きやんでしまうことが多いのです。
 今まで、CDなどに収録されている地鳴きには、警戒声が多いのもうなずけます。繁殖期に巣の近くで警戒している、あるいはなわばりに入ったために警戒する地鳴きです。警戒声は比較して声が大きく、長く鳴くことがあるため録音できるのです。
 今回、アップした地鳴きのコーラスは、存在確認のための鳴き合っている場面だと思います。人のいないタイマー録音の録音機の前では、鳥たちはリラックスしてお互いの存在を確かめ合いながら森の中を移動して行くようすの音だと思います。
 タイマー録音のおかげで、地鳴きのコレクションが増えました。

2020年11月21日 (土)

ルリビタキの秋のさえずり-日光

 秋にさえずる鳥がいることは、よく知られています。
 今回の日光でもいくつか録音することができました。
 コガラについで、ルリビタキのさえずりです。
 YAMAHA W24で録音、ボリュームの増幅、2,500Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

 ルリビタキの秋のさえずりを録音できたのは、初めてです。
 初夏のさえずりにくらべると少し力強さに欠ける鳴き方ですが、しっかりとさえずっていました。
 ルリビタキは午前6時15分頃からさえずり始め、7時10分まで断続的に鳴いていました。この間、地鳴きも録音されていましたが、地鳴きとさえずりがかぶっている部分があり、さえずるルリビタキと地鳴きをするものがいたことになります。雄と雌が、いっしょに行動していたのかもしれません。

2020年11月16日 (月)

実らないカラスウリ-六義園

 六義園の森は、実りの季節を迎えています。スダジイの実は、地面に敷き詰めたように落ちています。カジ、イヌビワ、イイギリなどの実も今年は豊作です。多くの小鳥が、この実りの恩恵を受けて命のつないで行くかと思うとほっとします。
 ところで、カラスウリの実は不作です。

 Karasuuri
 この写真の藪を覆うほとんどがカラスウリですが、実はわずか1個です。わかりにくいですが、真ん中にある赤い実がカラスウリの実です。夏には、レースのような花が地面にたくさん散っていましたので、花が咲かなかったわけではありません。花が咲いても実を付けなかったことになります。
 六義園でカラスウリを見ている私は、カラスウリは花の数に対して実を付けるのが少ない植物だと思っていました。ところが秋が瀬公園や芝川第一調節池などに行くと、カラスウリの赤い実が鈴なりになっていました。六義園のカラスウリが、なぜか実を付けていないことを知りました。
 カラスウリは個性的です。雄花と雌花と別れていること、そして夜に咲くことです。鳥で言えばフクロウやヨタカのように夜行性の花なのです。雄と雌が別れているワケですから、この間を取り持つ媒介者が必要です。それも夜に活動する蛾、スズメガの仲間が無くてはならない存在なのです。
 ようするに六義園には、スズメガが少ないのです。ふつう夏の森の中を歩いていれば、必ず出会う芋虫を順路で見ることも希です。夏の夜に窓ガラスに蛾が集まることもなくなりました。蛾は成虫、幼虫を問わず、いろいろな動物食の生き物が依存している生き物だと思います。
 今や六義園の森は、蛾という要素が欠けてしまった生態系となっていることになります。夜に咲くカラスウリの実の少なさから自然の変化に気が付きました。

2020年11月 7日 (土)

オオタカ2羽出現-六義園

 本日の六義園では、そこはかとない緊張感が漂っていました。
 カモ類が岸辺近くいて、ハシブトガラスがときどきモビングコールしています。
 小鳥のハクセキレイやヒヨドリなどはいつもどおり飛び交っていますので、オオタカがいる可能性が高い雰囲気です。
 と思っていたらドバトの10数羽の群れが上空をパニックになって旋回しています。旋回からはずれた1羽にオオタカがアタックして行きました。やはり、オオタカがいました。ドバトとオオタカが姿を消した森とは反対側から、またオオタカが飛んできました。なんと早い旋回でしょう。
 このオオタカとドバトのバトルに、ハシブトガラスが参戦してきました。最初は、1羽が果敢にも向かっていきました。追いながらも追われる展開で、勝負はわかりませんが、そこはハシブトガラスのこと10羽が救援に駆けつけオオタカに向かっていきます。
 よく見ると、このハシブトガラスのなかにオオタカがいました。オオタカは、なんと2羽でした。ですから、最初に早い旋回だとおもったのは、別のオオタカが別方向から飛んで来たためでした。
 六義園では、オオタカの出現が多くなりましたが、一度に2羽が見られたのは初めてです。
 オオタカ2羽が、いっしょに写っていることを優先して選んだ写真です。右端のオオタカは小さく見えますが、ピントが合っていないように距離が離れているためです。
Goshawk2011071

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ