考証

2019年12月 8日 (日)

カモ類の変遷を絵はがきから探る-上野不忍池

  六義園では資料となる絵はがきの点数が少ないので、説得力にかけます。
  ということで、絵はがきの多い上野不忍池で調べて見ました。
  まず、私が撮った1974年2月9日の写真です。

 19740209
 当時は、オナガガモがこのように多かったのです。上野動物園の飼育係の人がボートを出して餌を撒いていました。その時間をあらかじめ聞いての撮影でした。こうして、集まるのはほとんどがオナガガモで、少し離れたところにオシドリが数10羽いて入園者が与える餌をもらっていました。この他、キンクロハジロとホシハジロは池の真ん中に集まり寝ているというのが不忍池の風景、当時は池中がカモであふれているという印象です。
 1970年代の不忍池は、カモ類が多かっただけにトモエガモ(1973年)、アカハジロ(1973年)、クビワキンクロ(1977年)などの珍鳥も記録されています。
 ということで、絵はがきを調べて見ました。「不忍池 絵はがき」で画像検索すると、今度はたくさんありすぎて見るのがたいへんでした。横書きの文字が右から書かれていますので、少なくとも戦前、紙質や印刷の具合から昭和初期ではないかと思います。写真製版が一般的になり、絵はがきも普及した時代ということにもなります。
 博覧会などのイベントや蓮が茂った夏の風景をのぞき、雪景色やバックの木々の枯れている風景を探しました。
 それでも、かなりの点数になるのですが、カモの群れは写っていませんでした。

2_20191208202701  
 蓮池の東側の北端から、弁天堂をのぞんだ風景です。現在、いつも屋台が並んでいるところです。蓮が枯れていることから冬から春ですが、カモは見当たりません。

 1_20191208202701  
 かろうじて、カモが写っていたものです。タイトルも「不忍雪の鴨」です。弁天堂あたりだと思います。右手手前にいるのはマガモのように見えます。中央は背中まで白いので、ホシハジロでしょうか。マツの頬杖の根元にいるお腹の白い小型のカモは何でしょう。この他は、特徴がわかりにくいカモの雌のようです。この1枚が、いちばんカモが写っていた絵はがきとなります。
 不忍池のカモの増減については、上野動物園による餌撒きの影響がかなり大きいと言われています。小宮輝之さんの『動物園ではたらく』(2017)によると、カモへの給餌は戦後の古賀忠道さんが園長の時代にはじまったそうです。1958年からはじまり、10年ほどでオナガガモが集まりはじめたとのこと。ということは1968年頃にオナガガモが集まり始めて、1970年代にかけて多かったことになります。
 ですので、絵はがきのように戦前の不忍池は、それほどカモは多くはなかったと推測されます。
 話は、いっきに江戸時代に飛びます。

Photo_20191208202801
 歌川広重の『絵本江戸土産』の「不忍池」です。『絵本江戸土産』は、1850(嘉永3)年から1867(慶応3)年にかけて制作されていますから、江戸後期の風景です。当時、流行った鳥瞰図で上から見たように描かれています。以前、池之端の料理屋の5階から見たら、同じように見えました。江戸時代は、見ることのできないアングルのはずですが、見事に描かれています。
  池の中には、弁天堂に続く道があるだけで、現在のように池が3分割されていません。上に書かれた文字には「(前略)冬は鴨雁蝿の如く水に戯ぶれ、浪に遊ぶ(後略)」と書かれています。カモやガンがハエのようにいたことになります。水面の点々は、ガンやカモなのでしょう。「浪に遊ぶ」という粋な表現と「蝿のごとく」のミスマッチが、江戸風なのでしょうか。
 いずれにしても、江戸時代の文献を見ると、江戸市中の赤坂の溜池などの池には、ガンやカモ、そしてハクチョウが多数渡来していたように伝えられています。
 ツルやトキが乱獲されていなくなった明治から大正の狩猟の暗黒時代は、ガンカモ類にまで及んでいたのかもしれません。
 わずかな資料からいろいろ推測する楽しみに、このところ惹かれています。
 おつきあいありがとうございます。

2019年12月 7日 (土)

カモ類の変遷を古い絵はがきから探る-六義園

 今年は、六義園に渡来するカモ類は、ここ数年では多いほうです。
 写真は、昨日の吹上浜から見たようすです。キンクロハジロが優占していて、ホシハジロが混じり、マガモが多めでハシビロガモもいます。カルガモは、紀ノ川のほうに10数羽いて、合計で100羽前後になります。
191206

 これでも、かつてのキンクロハジロの最多数2,570羽(1989年12月2日)に比べれば、寂しい感じがします。そのときは、この水面がキンクロハジロで真っ黒となり、マガモやオナガガモは芝生の上に追いやれていました。
 当時は、キンクロハジロが多かった上に東京湾での銃猟が行われており、狩猟解禁の11月中旬より急激にふえるために内陸に避難してくるのではないかと推測していました。
 鳥の記録のある戦後だけでも、優占種がヒドリガモ→オナガガモ→キンクロハジロ→カルガモ、そして現状のキンクロハジロと変化しています。
 戦前の状況は、どうだったのか記録がないだけに推測するしかありません。
  以前、六義園の開園当時の古い絵はがきをネットオークションで手に入れました。
 岩崎家から東京市(当時)に寄付され開園したのは、1938(昭和13)年10月16日ですから81年前のこと。開園を記念して作られたとされている絵はがきは、現在3種類見つかっています。写真は、開園当時のものと考えて良いでしょう。いずれも池を中心に撮影されていますので、カモが写っていないかチェックしてみました。
 
1
 1枚目は、昨日撮影したところの反対側から写した吹上茶屋を中心にしたアングルです。今もある大イチョウは空が透けて見えますから、落葉しているので秋から冬です。しかし、カモの群れは写っていません。ちょうど、吹上茶屋の前あたりに2つ水面に浮かんだものが見えますがカモでしょうか。少なくともカモの群れはいません。

2_20191207180101
 2枚目は、昨日撮影したところとほぼ同じところからやや左にアングルをふって撮影されています。奥の建物は心泉亭ですが、建物は今より小規模です。多くの木々が茂って見えるほか、手前のヨシが芽吹いてきているのがわかります。現在ですと、4月下旬から5月初旬の感じです。キンクロハジロの終認は比較的遅く、連休過ぎのこともありますので、いれば写っている可能性があります。しかし、それらしい姿はありません。

3
 3枚目は、出汐湊から中之島に渡る仙禽橋を中心した風景です。手前や右奥にある何本もの頬杖で支えられたクロマツは、今はありません。この風景から季節を推し量るのは難しいですが、木の茂り具合、芝生に落とすクロマツの影の濃さから初夏から夏の印象です。もし、カモがいたら繁殖の可能性のあるカルガモですが、残念ながら写っていませんでした。
 たった3枚、冬らしい風景は1枚ですから、そこから戦前の六義園にはカモ類はいなかったと結論つけることはできません。しかし、当時の東京のカモは少なかったのではないという話を次回は上野不忍池で検証してみます。(つづく)

2019年8月20日 (火)

ササゴイ幼鳥の声か-六義園

 昨夕、ハシブトガラスがネグラに集まり、セミたちの鳴き声が静かになってきた時刻、午後7時頃のことです。六義園から聞き慣れない声が聞こえてきました。1声鳴いては長い間があって、また1声。これならば、録音ができそうと準備をしました。PCM-D100で録音、目的の音を増幅、1,500Hz以下ノイズのカット、2,200Hz以上の音をカット、ノイズリダクションをかけています。

 「キュ」と聞こえます。ハシブトガラスの鳴き合う声とセミの合唱の中という録音的には轟音のなかに、ときどき聞こえて来るのですから難題です。それも長い間があって、鳴きやんだかと思うとまた鳴いています。全部で5,6声聞こえました。ここにアップした2つの鳴き声の間は、実際は10分ほどの間が空いているのを詰めています。
 はじめの印象は、アオゲラの地鳴きに聞こえました。日没時間は過ぎている上に曇りでかなり暗い六義園ですので、昼間の鳥というより薄暮性から夜行性の鳥の可能性があります。そのため、アオゲラは却下です。思い浮かんだのは、ササゴイです。
 ただ、ササゴイの一声鳴きの「キュ」あるいは「キョ」と聞こえる音は、頭のほうが1,600Hzで終わりのほうが400Hzと幅のある声です。この鳴き声は、2,200Hzから1,600Hzと幅はありますが、一段高い音です。ただ、頭から後ろにかけて音が下がる声紋のパターンはよく似ています。
 このシーズン、六義園にササゴイがいるのでしょうか。
 ということで本日、六義園に行きました。常連さんたちの情報では、一昨日と昨日にササゴイがいたとのこと。また、写真を撮ったというM上♂さんに写真を送ってもらったら、写っていたのはササゴイの幼鳥でした。
 昨夕の鳴き声が写真を撮られたササゴイとすると、音が高いという違いは幼鳥のためだった可能性があります。今後、ササゴイの幼鳥の鳴き声を聞いて確認できる機会があると思います。そのときのチェックポイントとなります。
 いよいよ野鳥たちの移動の季節になりました。
 M上♂さん、写真をありがとうございます。
 

 

 

2019年6月28日 (金)

ヤマガラが山を登っている?-日光

 日光でいつものお気に入りに雑木林に行こうと思ったら、ばったりと録音仲間のTさんと遭遇しました。Tさんから「今朝、クマがヤマザクラのサクランボを食べていた情報があるので行かない方が良い」とのアドバイス。雑木林はあきらめて霧降高原のキスゲ平方面に行くことにしました。
 ということで、キスゲ平で録音したりタイマー録音をしかけたりして、日光の野鳥たちを楽しみました。このタイマー録音の音源を整理していたら、ヤマガラのさえずりが入っていることに気が付きました。
 YAMAHA W24でタイマー録音、500Hz以下のノイズのカット、軽くノイズリダクションをかけています。

 日光では、ヤマガラは駅から近い丘陵地にいます。ほぼ一年中いると思います。別荘地には、ツバキのような常緑の闊葉樹もあるしヤマガラの好きなエゴの木もあります。でも、だいたい標高1,000mまでの鳥です。ですから、戦場ヶ原やキスゲ平のように1,000mを数100mも超えた標高のところでは、今まで見た記憶がありません。
 また、10年以上、ここで早朝のコーラスを録音していますが、ヤマガラのさえずりが入っていたことはなかったと思います。
 ヤマガラが鳴いていたのは、午前4時18分、早朝のコーラスのピークを少し過ぎた頃です。2分15秒にわたってさえずっていました。ただ、これ以降入っていません。また、今年はここで4回タイマー録音を仕掛けていますが、これ以外の音源には入っていませんでした。このヤマガラはたまたま漂行してきたものなのか、今後居着くようになるのか、興味深いです。
 というのは、北海道でヤマガラが北上し分布を拡げていると、最近Facebookで話題になっていました。水平に分布を拡げるととともに垂直にも生息地を拡げている例になるのではないかと思います。
 

2019年6月18日 (火)

ノイズ?-小田代ヶ原

 カミさんが昨日、奥日光の小田代ヶ原を歩いてきました。
 風が強かったもののノビタキが近くでさえずってくれたので良い録音できたとご満悦です。
 ところが最初の録音に、今まで聞いたことのないノイズが入っていました。YAMAHA W24で録音。前後をカットしてフェードイン、フェードアウトをかけた以外、加工していません。

  「ズボズボ・・・」から「キュルキュル・・・」と大きくなって聞こえます。2分あまりの録音の一部です。最初大きく入り一度小さくなります。再度、大きく(アップ部分)なってだんだん小さくなり、録音時間の2分間、すべてにノイズが乗っています。
 小田代ヶ原と戦場ヶ原を結ぶ木道の上ですから、人工的な音を立てる装置、たとえばトランスなどはありません。また、自動車も通っていない環境です。
 右チャンネルの音が大きく、だんだん大きくなって、また遠ざかって行く感じです。人通りはあったとのことですので、ノイズの元はハイカーの持っているスマホを疑りました。
 以前、ガラケイに着信したらスピーカーに同じような音が入ったことがあります。しかし、私のスマホで着信があったことがありますが、このようなノイズが入りませんでした。ネットで調べても、録音機にスマホのノイズが入ることはあっても着信時です。もし、横を歩いている人のスマホが着信したら着信音も入ったはずです。かりにサイレントモードになっていたとしても、2分間以上鳴らし続けるでしょうか。
 あとは、無線の可能性があります。以前、日光で蒲谷鶴彦先生の講演会のときに、スピーカーから大きなノイズが出たことがあります。国道が近かったので、トラック同士で交信している出力の大きな無線ではないかと、誰かが言っていました。
 今回は、携帯できる出力の小さなタイプだと思います。いずれにしても、人のいるところは、思わぬノイズがあるものです。

 

2019年3月30日 (土)

今年のシダレザクラ-六義園

 このところNiftyのブログが絶不調のため、投稿を控えておりました。
 写真はなんとかアップできそうですが、音声はまだダメです。
 そのため、画像ネタを。
 六義園名物のシダレザクラは、本日はもう散り始めています。ソメイヨシノはこれからという感じです。
 名物のシダレザクラがきれいだった頃の写真です。2004年3月26日に撮影しています。今から、15年前です。

Rikugien1803223

 このシダレザクラに異変が起きたのは、3年前です。木の上部4分の1ほどの枝に花が付かないで、寂しい感じでした。2017年3月30日に撮影しています。

Sidare1703301
 この年は、アトリの群れが多い時で100羽を超えていましたので、アトリ犯人説があって肩身の狭い思いをしました。
 しかし、去年も快復はしたもののやはり上の方の花の付きがよくありませんでした。2018年3月25日に撮影してものです。
Rikugien180325
 去年は、アトリは数羽が短時間に訪れただけです。
 ということで、今年の状況です。2019年3月24日撮影です。
Rikugien190323

 去年より良いけれど、一時期のピンクの滝のような感じはなくなってしまいました。はじめて、このシダレザクラを見たらならば、それなりにきれいだと思ってくれると思います。しかし、最盛期を知っている者としては、寂しい気分です。ちなみに、今年もアトリは数羽が、短期間見られた程度でした。
 黒い太い幹が、しだれた花で隠れていたのが、花が少なくて見えるようになったと思います。加えて、花の色がピンクであったものが、白くなっている印象があります。
 サクラの花に触らないように1日中いるガードマンのお兄さんが、面白いことを言っていました。私が、鳥を見ていることを知ると、サクラの花にメジロがこないというのです。2,30m離れたところに、もう1本シダレザクラがあり、そちらのほうがメジロが来ていると話してくれました。この後、小1時間観察していましたが、1羽もメジロはやってきませんでした。近くの千里場のソメイヨシノでは、数10羽のメジロが飛び交っているのを観察していますから六義園のなかにメジロはいるはずです。
 写真は、2009年3月23日に撮影したメジロです。このときは、10羽以上のメジロがシダレザクラに群れていて3羽も一度に撮影できたものです。

Whiteeye090323
 ひょっとすると、花が付いていても蜜の量が少ないのかもしれません。やはり、全体としては木の勢いが無くなっていることは否めないと思います。
 いずれにしても、しばらく観察を続けて行けたらと思います。


2019年3月18日 (月)

ヤイロチョウはどこまでいるのか

 先週末は、日本野鳥の会東北ブロック協議会で山形県天童市におじゃまいたしました。トラフズクやらチゴハヤブサの取材で通いなれた感じの天童です。
 世話係の山形支部のY川さんは、協議会はお祭りで参加者をおもてなすというコンセプトでしたので、楽しいイベントになりました。私も短い時間でしたが、録音のお話しをさせていただきました。
 総会の会場風景です。

P1070083_2

 そのなかで「ヤイロチョウは夜鳴く、長時間録音に鳴き声が入っていることがあった。東京や日光でも録音されている。論文では繁殖記録は長野県南部まで。東京や日光を通るヤイロチョウは東北まで行っているかもしれないので録音しましょう」と話しました。
 ところが、その後の懇親会などで、餌を運んでいるのを見た人がいるから十和田湖で鳴き声を聞いたまで、東北地方の情報をいただきました。
 ヤイロチョウというと、かなり限定された地域の鳥の印象があります。また、南の地方限定の印象もあると思いますが、意外と薄いものの広く分布しているのかもしれません。
 ネット時代でたくさん情報が飛び交い、知見も得られますが、こうした埋もれた情報がたくさんあることを知りました。顔と顔を合わせることで、思わぬ情報を知ることができるのだと改めて実感いたしました。

 

2019年3月11日 (月)

声紋は表示の仕方で変わる-ミソサザイ

 ドラマでは、声紋で犯人がわかったりしています。まるで指紋やDNAのように簡単便利に識別できそうです。同じように野鳥の鳴き声から種類もわかるととても便利なのですが、これがそう簡単ではないと思っています。
 先日、カミさんが神奈川県の大山に行ったら、ミソサザイが変わった声で鳴いていたと録音してきました。このような声です。YAMAHA W24で録音。ボリュームのアップ、2,000Hz以下のノイズの軽減をしています。

「winter_wren190308_1421.mp3」をダウンロード

 「チャ、チャ」あるいは「ジャ、ジャ」と聞こえる地鳴きとは違う、鋭く連続した鳴き方です。近くに来て鳴いたということから、警戒、威嚇の意味があるのかもしれません。この前には、一声複雑なさえずりでも鳴いていますので、雄の鳴き声で間違いないと思います。
 これを、声紋で見ると次のように見えます。

Winter_wren1_2

 中央に大きな山型、前後に音は不明瞭ですが山型です。ちなみに魚の骨のように見えるパターンは、ヒガラのさえずりです。この図は、左右が時間で33秒、天地は音の高さで0~24,000Hzを表示しています。
 つぎに、同じ部分を5秒に拡大すると、このように見えます。天地は同じです。

Winter_wren2

 細かい山型が連続していることがわかります。なんと、2.7秒の間に50回鳴いていることになります。また、上下に倍音があって深みのある音であることもわかります。
 時間の表示によって、こんなにもパターンが違って見える例です。同じように、天地の幅によってもまったく違って見える場合もあります。
 鳥の声は、何分も続く長く鳴くものから、1秒もない短い一声までいろいろです。また、音の高さも100Hzから10,000Hzまで幅広いので、それぞれ声紋表示を変えないとわかりにくいものがあります。ですから、一律に統一することはできません。
 表示を変えることで、いろいろなパターンを見せてくれる鳥の声紋、鳴き声と同じようにとても美しいと思います。
 

2019年1月15日 (火)

クマタカを探す-日光

 クマタカの鳴き声のパターンがひとつわかりましたので、日光での録音のなかにないか探してみました。
 とにかく、あちこちでタイマー録音を仕掛けていますので、とりあえずは見たことのある場所、あるいは仲間が見つけた場所での音源を探してみました。
 なんとありました。
 ここでは、一度クマタカを見ています。飛んでいるクマタカを見ていたら鳴きましたので、さっそく録音。鳴き声は、ノスリにそっくり。クマタカの声はノスリ似かと思ったら、飛んでいた猛禽がいつの間にかノスリになっていました。木々の間を飛び交う鳥を見ていたため、いつの間にか入れ替わってしまったようです。おかげでノスリの警戒する声が録れた思い出があります。
 環境は、別荘地のはずれで、ここから日光連山に広がる森が始まるところです。標高は、700mほど。ここでヤマドリを見ましたので、母衣打ちが録音をしようと録音機を仕掛けたなかに入っていました。
 録音は、2014年5月4日午前3時に仕掛けたタイマー録音です。実際に鳴き声が入っていたのは、5時27分頃。かなり明るくなった時刻です。
 YAMAHA W24で録音。ボリュームのアップ、低音ノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

「mountain_hawkeagle140504.mp3」をダウンロード

 まわりでは、渡って来たばかりのキビタキやセンダイムシクイが鳴いています。水がしみ出ているところですので、タゴガエルも鳴いていました。
 いかかでしょうか。先日、アップした鳴き声とよく似ていますので、クマタカで間違いないと思います。この調子ですと、まだ他にもあるかもしれません。また、シーズンが始まったらここに録音機を仕掛けてみたいと思います。

2019年1月13日 (日)

北海道の謎の鳥はクマタカだった

 タイマー録音でなくても、謎の鳥の声を録音することがあります。
 8年前に北海道東部にシマフクロウの鳴き声を取材いったおりです。
 早朝に森の中を探索すると、ハシブトガラやヤマゲラ、オオアカゲラのドラミングなど、次から次に録音してくれとばかりにいろいろな鳥が鳴いてくれました。このとき、遠くから大きな声が聞こえてきました。甲高い声で短い声を繰り返しています。
  PCM-D1で録音。ボリュームの増幅、低音ノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

「Hawk-Eagle10032602e.mp3」をダウンロード

 最初は、カモメの仲間を思い浮かべましたが、場所は海から離れた山の中、大きな川も湖もないところです。その場で録音した音源を聞いて、猛禽ではないかと思いました。北海道ですから、オオワシとオジロワシがいます。山のなかですから、オジロワシの可能性のほうが高いかなと思い、メモには「オジロワシ?」としておきました。家に帰ってから、オジロワシの鳴き声をいろいろ聞きましたが、どれとも一致しません。そのため、ファイル名は「不明」と書き直して保存しました。
 そして、ときどき思い出しては聞いていますが、どうしてもわかりませんでした。「朝の小鳥」で今年3月、北海道の早春の鳥たちをやろうと音源を探すと、この「不明」が気になりました。そのため、片っ端からいろいろ音源を聞いて当たりをつけて、たどりついたのは、クマタカでした。現在、クマタカの音源は、『野鳥大鑑』と『鳴き声ガイド日本の野鳥』に収録されているほか、バードリサーチのサイト『鳴き声図鑑』でA部さんが録音した音源を聞くことができます。しかし、どれとも完全に一致しませんでした。
 かろうじて、近いと思ったのは 、Xeno-contoのクマタカの4番目、ロシアで録音された声に雰囲気は似ていました。
 https://www.xeno-canto.org/384144
 今年になってS木♂さんのブログ「野原から」に謎の声がアップされました。
 http://blog.livedoor.jp/gnohara/archives/9249988.html
 これにも似ていたのでさっそくS木♂さんにメール。ところがS木♂さんは「この謎の声はこの謎の声を聞いたとき、姿は確認できなかったのですが、藪を移動しながら鳴いていて、私のイメージではクロツグミサイズの鳥」ということで、カケスの物真似ではないかということになりました。
 同時にS木♂さんから、動物園で記録されたYoutubeの動画を教えてもらいました。
 https://www.youtube.com/watch?v=WE7SgfJDo14
 これは、文句なくそっくりです。動画を見ると、2羽並んで大きな方が鳴いていますから、雌の声かもしれません。
 また、S木♂さんのお仲間で、クマタカを調べているY口さんにもお聞きいただき、クマタカで間違いないとのご連絡もいただきました。
 なんと、8年越しで謎の鳥がわかったことになります。
 それにしても、大きくて勇ましい感じのクマタカですが、姿に似合わない可愛い声をだすのですね。A部さんのは、さえずっているように聞こえるので雄かもしれません。そして、これが雌。この他、警戒の声や幼鳥の声など、他の鳴き方もあると思います。クマタカは、森のなかの鳥ですから当然、音によるコミュニケーションをとっているはず。それだけに、鳴き声による発見もあると思います。
 この鳴き声の雰囲気をおぼえておくと、クマタカとの遭遇があるかもしれません。
 S木♂さん、Y口さん、お世話になりました。おかげさまで、長年の喉のつかえが取れた感じです。ありがとうございました。
 

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ