番組・報道

2019年12月12日 (木)

『朝の小鳥』スタジオ収録-来年1月は江戸の鳥たち

 蒲谷鶴彦先生から文化放送の『朝の小鳥』を引き継ぐ時、先生から「松田さんは、江戸のことも詳しいからシナリオに盛り込むと良い」と言われました。しかし、番組のコンセプトと流れから、頭の片隅にあったものの江戸の話で番組を構成したことはありませんでした。
 番組を担当して15年目にして、やっと江戸の鳥たちで番組を構成してみました。もちろん、江戸時代に行って録音できませんので、たぶん江戸に住む人たちが聞いたと思われる鳴き声です。
 1月5日は、まだ松の内ですから、めでたくタンチョウです。かつてのディレクターのS木さんからは、正月はぜったいにツルでお願いしますと言われ、必ずその年の最初はツルの鳴き声ではじめました。ディレクターが交代して5年、久し振りのタンチョウの鳴き声で新年を迎えます。
 この他、都鳥として親しまれたユリカモメ、トキは家の近くの文京区六義園で繁殖していました。そして、春の到来を知らせるウグイスです。どうぞお楽しみください。

2020年1月 放送予定
1月 5日 タンチョウ
  12日 ユリカモメ
  19日  トキ
  26日  ウグイス

2019年11月13日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-12月は日本の固有種

 今日、街を歩いていたら、もうクリスマスソングが聞こえてきました。
 ということで、本日の文化放送の『朝の小鳥』のスタジオ収録も12月放送分となりました。12月は日曜日が5回あるので5本録りです。
 12月のテーマは、日本列島の固有種です。日本には、600種あまりの鳥が記録されていますが、固有種はわずか16種類。その多くが、ヤンバルクイナやノグチゲラといった絶滅危惧種です。もう少し、身近な固有種ということで5種類選んでの構成です。
 暮れの忙しいなか、日本列島でしか聞くことのできない野鳥たちの声で癒やされてたらと思います。

2019年12月 放送予定
12月 1日 ヤマドリ
    8日  アオゲラ
   15日 カヤクグリ
   22日 セグロセキレイ
    29日 ノジコ

2019年10月 9日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-11月は手賀沼の鳥

 本日は文化放送にて『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。
 来月2,3日に千葉県我孫子市の手賀沼のほとりで行われるジャパンバードフェステバルにちなんで、手賀沼の鳥たちです。このイベントに行く時は、いつも双眼鏡と録音機は持って行っていますので、そのおりに録音した音源を中心に構成してみました。
 ところで、去年6月に放送された「朝の小鳥65周年特特別番組」が日本民間放送連盟のラジオ教養番組部門で優秀賞を受賞いたしました。
 https://www.j-ba.or.jp/category/awards/jba103482#RAkyoyo
 これは、どれだけすごいことなのか。本日の話では、これだけ毎日一日中、たくさん放送されている番組のなかで、この作品を文化放送が応募対象したことからはじまって、多数ある全国の放送局が応募しているなかでの受賞ですから、それはすごいことだそうです。いずれにしても、まだまだ番組を続けて行くことができそうです。

2019年11月 放送予定
11月 3日 オオバン
    10日  コイカル
   17日  カワセミ
    24日  ジョウビタキ

2019年9月11日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-10月は秋の信濃川

 本日は、浜松町の文化放送にて『朝の小鳥』の10月分のスタジオ収録でした。
 12年前に新潟県長岡市で講演を行ったあと、信濃川の河川敷でバードウォッチングしたときの音源を中心に構成してみました。鳥たちの鳴き声から少しでも秋を感じてもらえればと、いろいろ工夫をしてみました。
 今日のスタジオには、なぜかブドウが一房ありました。前の番組で紹介した残りとか。大きな粒は巨峰のようですが、皮まで食べられるというナガノパープルという品種でした。はじめて見ました。さっそく、いただくと甘い、味が濃い、昼前だったのですが5,6粒いただくと、お腹のたしになりました。
 ブドウを食べながら、「トビが朝鳴くと雨」という言い伝えに科学的な根拠があるのかをきっかけに気象予報士の鈴木純子アナに鳥と天候との関係の話、そして台風のなかで鳥がどうやり過ごすのかなど、話はつきませんでした。
 あと、なんと若い女性陣お二人は映画『イソシギ』はご存じありませんでした。シナリオのネタに「映画イソシギには、イソシギは出てきません」という一文を加えなくて良かった。

2019年10月 放送予定
10月 6日 トビ
   13日 モズ
   20日 イソシギ
    27日 カワラヒワ

2019年8月14日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-9月は減った当たり前だった鳥

 今日は、雨間をぬって浜松町の文化放送にて『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。幸いにして、雨に会うことはなく良いタイミングで往復できました。
 そろそろさえずる鳥が少なくなるために、ネタに苦労する季節となります。カレンダーを作っている時も9月がいちばん苦労しました。9月らしい写真って、意外とないのです。まして、音となるとさらに難しい月です。そのため、昔は普通にいたけど今は減ってしまった鳥たちというテーマでまとめてみました。
 サンコウチョウでは、鳥もいなくなったけれど、かつて新宿にあった三光町もなくなったという話題で盛り上がりました。私は、環境庁(当時)ができたばかりの頃、タクシーで「環境庁へ」言ったら、新宿方面に行くのでおかしいと思ったら運転手が「三光町」と聞き間違えた思い出があります。1970年代、まだ三光町という地名が残っていたのです。
 ヒバリが新宿にいた話では、中央公園あたりは淀橋浄水場があって、淀橋という地名からヨドバシカメラになったなど、私とA山さんの昔話ネタに、若いS木さんとM馬さんは目が点に近くなっていました。
 昔、山階芳麿さんから渋谷の南平台に山階鳥類研究所を開設した頃、今の銀座線を作るために掘った土で近くの沢が埋め立てられヒクイナがいなくなったという話を聞いたことがあります。そして、今私が話す昔話を若い人が聞いて、それに近い驚きをもって受け止める時代になってしまったと実感することが多くなりました。
 いなくなった鳥たちの話をすると、東京の変革も同時に語りたくなります。

2019年9月 放送予定
9月 1日 サンコウチョウ
     8日  ヒクイナ
    15日  アオバズク
  22日  コヨシキリ
  29日 ヒバリ

2019年7月 3日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-8月は巣立った雛たち

 本日は、浜松町の文化放送にて『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。
 この梅雨時のときに、暑い夏のイメージを作り上げるのは苦労します。
 今回、話題になったのは雛か幼鳥かです。いちおう定義らしいものとしては巣の中にいるものを雛、巣から巣立った状態のものを幼鳥とされています。
 ですから、鳴きながら飛び交っているシジュウカラも親を呼ぶスズメも幼鳥なのです。しかし、ラジオから音だけで聞くと「ひな」はおそらくすぐに小鳥の赤ちゃん以外の言葉がないのでわかりやすいと思います。しかし、「ようちょう」は、漢字をすぐに思い浮かべにくい言葉でしょう。そのため、今回は「雛」で統一いたしました。
 しかし、定義を厳密に照らし合わせれば、カルガモのように卵から生まれてすぐに巣を離れてしまうタイプのものは、ヒヨコ状態でも幼鳥になりますが、イメージ的には雛の感じです。カルガモの幼鳥と言ったら、親鳥と同じくらいの大きさになった状態の感じとなります。
 ラジオの場合、耳から聞こえて来る音から、どうイメージを伝えるかが大切なのだと実感した打ち合わせでした。

 事務連絡です。
 7月14日放送の「シマセンニュウ」は、政見放送のために休止されます。あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。なお、文化放送以外の東北放送、茨城放送、新潟放送、朝日放送、琉球放送の各局はいつも通り、放送されますので、引き続きお聞きいただければ幸いです。

2019年8月 放送予定
  4日 イワツバメ
 11日 スズメ
 18日 フクロウ
 25日 シジュウカラ

2019年5月 8日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-6月は戦場ヶ原

 本日で、アナウンサーの石川真紀さんが『朝の小鳥』を卒業いたしました。
Bunka201905081 
 なんと、13年近くもシナリオを読んでいただいたことになります。石川さんとはじめて会った時とまったく変わらないので、そんなに時間がたっていたのかという思いです。石川さんからは日曜の早朝、癒やされる内容にするためにはどうしたら良いか、わかりやすくリスナーに伝えるのにはどのような言葉を使ったら良いかなど、いろいろアドバイスをもらい音源は元よりシナリオを書いてきました。ですから今、石川さんにお会いする前のシナリオを読むと、書き直して作り直したいほどです。
 次回からは、ベテランの鈴木純子さんにバトンタッチです。鈴木さんは、自然好きとのことで、その経験を番組に生かしていけることと思います。
 本日は、拙CDをプレゼントいたしました。お顔を拝見することはあまりないので、ご紹介いたします。左が石川さん、右が鈴木さんです。

 Bunka201905082

  今までのスタッフです。手前の左は絶妙のタイミングでキューを出す青山信男さん、その後ろがミキシングからバックアップまで仕切る門馬史織さんです。鈴木さんが、記念に写真を撮ってくれました。

Bunka1905084
 ちなみに6月は、奥日光の戦場ヶ原です。今まで何度も録音していますが、まとめてテーマとするのは初めて。とっておきの録音で構成しました。
6月の放送内容
6月 2日 カッコウ
    9日 アオジ
  16日 ホオアカ
  23日 オオジシギ
  30日 ノビタキ

2019年4月 3日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-5月は北本自然観察公園

 本日は、文化放送にて『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。
 今日は寒い日で、浜松町から文化放送に行くエントランスはビル風が吹き抜け、凍えるようでした。この後に初夏の5月の雰囲気になるのは、とても努力がいりました。
 さて、来月のテーマは北本自然観察公園の野鳥たちです。ちょうど去年の5月に取材にいった音源を中心に編集してみました。ブログでも紹介したカイツブリの雛の鳴き声、たぶんいちばん目立つオオヨシキリのさえずり、里山らしいエナガとシジュウカラの鳴き声で構成しています。
 初夏の里山の生き物に満ちた雰囲気を野鳥たちの鳴き声でお伝えできればと思います。

5月の放送内容
5月 5日 エナガ
  12日 シジュウカラ
  19日 オオヨシキリ
  26日  カイツブリ

2019年3月 6日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-4月は石垣島

 本日は文化放送にて『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。
 収録日は、天候の悪い日が多いですね。第一水曜日は、なぜか雨か曇り。本日は、まだ雨は降らないものの曇天で。浜松町から見える東京タワーがかすんでいました。
 来月のテーマは、今月の北海道からいっきに南に飛んで石垣島です。
 沖縄方面は、DATの時代から過去4回取材に行っています。それも、だいたい3月下旬から4月の上旬にかけて訪問しています。最初は、3月下旬に行ったら、まだリュウキュウアカショウビンやリュウキュウサンコウチョウが渡って来ておらず、目的は半分ほどしか達成できず。次は4月に入ってから行ったら、タイミングがぴったり合って思う存分、録音できました。ただし、もう夏のように暑くて熱中症に気を付けながらの録音でした。
 そんなことを思い出しながら、ファイルをチェックすると、まだ使ったことのない音源があったりして編集しなおして構成してみました。

4月の放送内容
4月 7日 リュウキュウアカショウビン
 14日 シロハラクイナ
 21日 シロガシラ
 28日  リュウキュウコノハズク

2019年2月 6日 (水)

『朝の小鳥』スタジオ収録-3月は早春の北海道

 本日は浜松町にある文化放送にて『朝の小鳥』のスタジオ収録でした。浜松町は、ビル風がすごくて雨が横殴りでした。
 3月は、5回日曜日があるため地方局の分も含めると10本録りです。
 収録を終わってスタジオを出ると、なんと廊下にダミーヘッドが置いてありました。

Dummyhead190206

 ダミーヘッドは、バイノーラル録音をするためのものです。ステレオマイクや2本マイクを使ってのステレオ録音では、再生すると頭の上から聞こえて来ることになります。バイノーラル録音では、音は水平になり、より立体感を得られます。自分の耳にマイクを付けて録音するのが本来ですが、このような頭の形をしたものにマイクを仕込んで録音もします。
 なんでスタジオでダミーヘッドを使っていたのかうかがったところ、耳元でささやくという設定で録音したのだそうです。ステレオ感は、あまり関係なかったですね。
 ところで、ドイツ製のダミーヘッドは5,60万円していました。このダミーヘッドは、発泡スチロール製で日本製のはずですが、それでも10万円はします。そのため、私や録音仲間は、美容院でいらなくなったマネキンの頭で作ったり楽しんでいます。
 このダミーヘッドは、色が黒いので自然の中に置くとけっこう目立ちます。迷彩に塗装して、使ってみたいですね。
 ところで、3月の放送内容は、北海道の芽登温泉と温根沼で取材して、今まで登場したことのないヤマゲラ、ヤマシギ、クマゲラ。使ったことのない音源のヒガラとシロハラゴジュウカラです。早春の北海道の音をお楽しみいただければ幸いです。

3月の放送内容
3月 3日 ヤマゲラ
 10日 ヒガラ
 17日 ヤマシギ
 24日  クマゲラ
 31日 シロハラゴジュウカラ

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ