徒然

2021年2月11日 (木)

鈴木孝夫さん・逝く

 戦後の動乱期に日本野鳥の会の活動の灯火を守り、今に伝えてくれた恩人がお亡くなりました。鈴木孝夫さんです。
 ちょうど先日、日本野鳥の会の安西英明さんから鈴木さんのお手紙が回ってきたところです。手紙には「(略 老衰です 略)、私は今、暗い気持ちでなく、明るい気持ちで別世界に発っていきます。(略)皆さまにはどうぞお元気で、さようなら。」と短い手紙ながら、いろいろな思いを馳せることができる内容でした。これだけ認知機能がしっかりしているならば、もう1度ぐらい会えるだろうと思っていただけに残念です。
 鈴木さんには、日本鳥類保護連盟在職中にお世話になりました。鈴木さんの経歴を見ると凄いの一言なのですが、若輩の私にもていねいに接してくれたことを覚えています。なにしろ、鳥の世界では大先輩ですし、慶応義塾大学教授、戦後最初のアメリカ留学をしたエリート、そして日本語と英語を中心とした言語学の権威なのです。言語学の世界では神様のような方なのですから、安西さんのように「孝夫ちゃん」なんて呼ぶことは恐れ多いのですが、そう呼べるお付き合いをしてくれました。 
 ご自宅をおたずねしたことがあります。データをチェックしたら2011年7月のことで10年前でした。バードアーカイブスの塚本さんがだんどりをしてくれて、蒲谷鶴彦さんの奥さんの久代さん、息子さんの剛彦さん、音楽家で録音仲間の岡村さんと私です。
 
R0011299
 そのときのお姿です。後ろは、塚本さんです。
 ご了解をいただき録音をしたのですが、今見たらなんと2.7Gありました。4時間以上、お邪魔していたことになります。とにかく話が面白いので、あっと言う間の4時間でした。うかがいたかった話は、蒲谷鶴彦さんなどが活躍した戦後の日本野鳥の会のようすなどです。ところが、そこから中西悟堂さんの真の素顔から蜂須賀正氏さんが軍人になぐられた話、日本鳥類保護連盟を辞めた理由、裏面史というと語弊があるかもしれませんが、ここではちょっと書けない話、裏を取らないと紹介できない話もあって、間近で鳥の世界を見てきた鈴木さんならではのエピソードばかりでした。
 そして、最後にはWebserの録音機が登場して、録音の思い出話となりました。

R00011312
 鈴木孝夫さん、長い間ありがとうございました。
 謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

2021年1月24日 (日)

水原秋桜子のお墓-染井墓地

  以前、三重県の神島にサシバの渡りを見に行ったとき、吟行のグループに出会いました。松尾芭蕉の「鷹ひとつ 見つけてうれし 伊良湖岬」をちなんで「タカ渡る」を詠みに来ていたのです。この頃は、バードウォッチャーより俳句を詠む人のほうが多かった時代です。私たちが鳥に詳しいと知って「あの飛んでいるのがタカですか?」と聞かれました。「いえ、あれはトビですので渡りません」しばらくしてサシバが飛んできたので「あれがタカです」と教えてあげたら、皆さんほっとされていたのを覚えています。
 もし、私たちがいなかったらトビでタカ渡るという俳句を詠んでしまったことになります。だからといって大勢に影響はないとは思いますが、ここはこだわって欲しいところです。
 染井墓地には有名人のお墓があります。そのひとつに、水原秋桜子のお墓もあります。
 ちょうど、入口から入って中央の道を行くと、すぐ左にある大きなお墓です。水原家とあり、左側に「水原秋桜子」と墓碑に書かれた単独の墓石が立っています。
Mizuhara1 Mizuhara2
  水原秋桜子と中西悟堂とは、縁のあることを知りました。
 楽古堂店主、木村成生さんのブログに出会いから当時の関係が書かれています。詳しく調べられ、読みごたえがあります。
  https://blog.goo.ne.jp/takanosu1736/e/1da8126a676da90fcc82b371b207e966
 ちょうど、日本野鳥の会の創立の頃、昭和の初期に2人は出会っています。また、この2人の出会いには山谷春潮も関係して、科学的に正しい野鳥の俳句を詠むネットワークができたことになります。
 山谷春潮は、鳥の本も出していた日新書院の社長、俳句を秋桜子、悟堂に野鳥を教わり、のちに科学的に鳥の季語を整理した『野鳥歳時記』(1955・中央公論社、この他、富山房、角川書店版がある)を出版しています。ちなみに脚本家の倉本聰の父親です。
 秋桜子は、神島であった吟行の人たちと同じように、鳥をしっかりと見て間違いのないように俳句を詠みたいと思った一人、その後の現代俳句に大きな影響を与えたことになります。
 秋桜子さんのお墓に手を合わせ、日本野鳥の会の存在理由のひとつがこうした科学的に正しい芸術の普及というところにあったことを改めて思い出しました。

2020年8月25日 (火)

山の秋の音-日光

 先週末は、日光でした。
 少しでも野鳥たちの鳴き声が録れればと思い出かけました。3日間いたのですが、雨に見舞われ、思うように録音できたのは1日だけ。今年も天候に恵まれません。
 人の世界では新型コロナ騒動が収まりませんが、自然は着実に季節が移ろっていました。標高1,400mあたりの霧降高原では、秋の花が咲き始め、空気も秋めいていました。
 音も秋らしい音が録れました。YAMAHA W24で録音、ボリュームのアップ、ノイズリダクションをかけています。

   

 午前5時30分頃の音源を40秒ほど、切り取っただけです。もう、小鳥たちのさえずりは聞こえませんが、シジュウカラ、カケス、アオゲラの鳴き合う声が入っていました。
 いずれも、秋の風情を感じさせる鳴き声です。
  

 

 

2020年8月24日 (月)

ディスプレイ碑-村澤嘉信さん

 あしだちの会の元会長、村澤嘉信さんがお亡くなりなったとご連絡をいただきました。

Murasawa1
 私とは「10才違うね」と話したのは、私が還暦のとき。その私が70才になりましたから村澤さんは80才の計算になります。
 あしだちの会は、おもに東京都足立区在住の会員と首都圏の探鳥地でバードウォッチングを楽しむ会です。発会のきっかけは荒川の鳥類調査のため、この調査も引き続き行っています。私は、カミさんの実家が足立区の関係で、義父義弟が入会したのをご縁に参加させていただきました。芝川第一調節池、北本公園、舎人公園は、この会で初めて行き、その後、何度も行く取材地となりました。
 全体で100名、2,30人が参加してくる会ですからリーダーの人柄が全体に影響します。ひとえに、村澤さんのお人柄が会の雰囲気になっていた印象です。ようするに、鳥好きのオジさんが鳥や自然好きのオジさんオバさんを率いている感じです。
 私としては、今バードウォッチングを楽しんでいる人たちの動向を観察させてもらえる貴重な会でした。年齢構成、男女比、皆さんの関心事などなど、観察させてもらいました。いわば、村澤さんのおかげで、ネタを仕入れることができ感謝にたえません。
 また、昔の日本野鳥の会東京支部の探鳥会の雰囲気に似たものを感じていました。見たい鳥はきれいな鳥や数の少ない鳥で、あまりスズメやカラス類には関心がありません。もちろん珍鳥を見に、連れ添ってポイントまで行く熱心さもあります。いわば昭和のバードウォッチングです。
 昭和のバードウォッチャーの一人、村澤さんのご冥福をお祈りいたします。
 

2020年7月21日 (火)

幼鳥の鳴き声の録音

 カミさんが戦場ヶ原で、カケスの幼鳥の鳴き声を録音してきました。
 YAMAHA W24で録音、ボリュームのアップ、600Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

 ネコのような鳴き声は、ホシガラスの幼鳥の鳴き声に似ています。カケスの姿を確認しているのでカケスで間違いありませんが、雰囲気の似た声です。鳴き声からだけですが、カラス属よりカケス属とホシガラス属のほうが近いのかもしれません。
 日光にはカケスが多く録音もあるのですが、うかつにも幼鳥の鳴き声は録音していませんでした。
 ところで、野鳥録音をし始めて成鳥と幼鳥では鳴き声が違うことがけっこうあることに気が付きました。しかし、幼鳥の鳴き声まで図鑑に書いてあることはまずありません。市販のCDもさえずりが中心で、地鳴きはもとより幼鳥まで収録されているものは限られています。そのため、識別に困りますし、この季節の問い合わせは幼鳥が鳴き声がときおり寄せられます。
 録音仲間の努力のかいもあって、フクロウ、トラフズク、オオコノハズク、コノハズクなどのフクロウ系の幼鳥の鳴き声の多くは解明されました。同じように姿の確認のしづらいヨシ原の鳥は難題です。たとえば、ヨシゴイは3日がかりのうえTさんに助っ人をたのんで確認することができました。この他、サンカノゴイやミゾゴイ、あるいはクイナ、ヒクイナの幼鳥の声は未確認です。また、幼鳥の鳴き声も成長段階によって違ってくると思います。調べれば、けっこう奥が深い課題だと思います。
 幼鳥の鳴き声は一年を通じてみれば、わずか1、2ヶ月間だけ通用する鳴き方です。しかし、幼鳥の鳴き声が記録されるということは繁殖の確認につながるのですから、もっと注目されるべきでしょう。
 幼鳥の鳴き声が楽しめるのは、今だけです。

2020年6月 2日 (火)

六義園ー開園

 六義園は、新型コロナの蔓延のため休園していました。昨日より開園されていましたが雨。雨の上がった本日、久し振りに来園いたしました。
 開園時間は、いつもより1時間遅い10時。入るとセンター長を始め職員の方々が迎えてくれました。
 この前、来た時はまだサクラが咲き残っていた頃です。ですから、2ヶ月間のご無沙汰です。サクラから真夏の森になってしました。新緑やツツジの季節を飛び越えて、深緑の森とサツキとアジサイの季節になってしまいました。

Rikugip1100389
 久し振りに森のなかを歩くと、ヒヨドリの鳴き声がにぎやかです。エナガの幼鳥の群れがいて、上空をヒメアマツバメが飛んでいました。ツバメは、かろうじて巣材の土を採ることができる池の畔に集まっていました。
 シモツケのピンクの花ではコアオハナムグリがたかり食事中、モンシロチョウやシジミチョウが芝生の上を飛び交っています。
Rikugip1100381
 こうして、生き物たちに当たり前に会えるありがたさを身に染みて実感した2ヶ月ぶりの六義園でした。

2020年4月29日 (水)

吉祥寺で墓参り-駒込

 六義園のまわりは、ウォーキングやジョギングの人が多いので、他の散歩コースを模索中。今日は、吉祥寺に行きました。

2004291
 吉祥寺と言えば中央線の駅名が有名ですが、本来は本郷にありました。火事で焼失し、再建されたものが駒込にあります。ちなみに、中央線には吉祥寺というお寺はないとか。
 吉祥寺には山階鳥類研究所にいた吉井さんのお墓があったはずと、探しました。しばらくうろうろして、やっと見つけることができました。

2004292
 7年前(2013年2月 7日)の葬式のときに、奥様から「戦後間もない頃、図鑑の原稿料だかでもらった40万円で、ここ吉祥寺のお墓を買ってしまったの」という裏話を思い出しました。拙ブログで記事にしています。
   http://syrinxmm.cocolog-nifty.com/syrinx/2013/02/post-a4b1.html

2020年4月20日 (月)

鳴き声?それとも人工音?-六義園

 六義園に向けて一晩、録音しているといろいろな音が記録されています。
 自動車のブレーキらしい音から不明ながらいかにも人工音と思われる音、生き物の鳴き声のような音もあります。
 そのなかで、3回も録音された人工とも自然ともわからない不明な音をアップします。
 TASCAM DR-05で録音、不明な音の音域のボリュームをアップ、1,400Hz以下のノイズの軽減、ノイズリダクションをかけています。

 音自体は、かなり遠くで鳴っています。長い音の下に短い音が重なっているところがあって、短い音はトラツグミの鳴き声にように聞こえます。また、トラツグミのさえずりと異なるのは、倍音が豊かなことです。澄んだ音に聞こえるトラツグミのさえずりは、倍音がない代表例です。
  声紋で表示すると下掲のようです。

 Unknown20_04_20_20_11_56_878_20200420203101
 音声、声紋とも30秒程度に短縮していますが、実際は2分間ほどあって間が開いています。
 また、この音が記録された日時は下記です。
 4月15日午前2時10分頃
 4月16日午前3時40分頃
 4月19日午前1時30分頃
  一晩に1回だけで、いずれも深夜で人の活動がもっとも少ない時刻です。また、3回とも同じ音量ではなく、音の発生する場所は変化していると思います。
 一晩に1回、時刻は午前1時~4時の間、場所は毎回違うということになります。いかにも生き物由来な感じがしますが、鳥ではまったく思い当たりません。
 長時間録音が簡単にできるようになると、こうした謎の音がどんどん増えてきます。

2020年4月13日 (月)

鳥たちは自分たちの声をどう聞いているか-クイズ

 本日は、引きこもるのには良い天気でした。
 ということで、今までやりたかったことをやってみました。
 物理学的には、時間は変わりません。しかし、生物学的にはゾウとネズミが感じる時間が違うように変化していると思います。ですから、人と鳥では時間の感じ方が違うと思います。複雑で早口に聞こえるさえずりも鳥同士は、もっとゆっくりと聞いて個体識別をしていたり、さえずりの複雑さをより感じているのではないかと思っています。
 ゆっくりとした時間で聞くためには、録音した音源の再生速度を変えれば良いだけです。昔ならば、テープの回転数を変えればできたのですが、デジタル時代は逆にこれが難しいのです。ということで、Audition CCをいろいろ操作していたら、[編集]→ [別のサンプル数で認識]のメニューで、96kHz/24bitで録音した音源を48kHzに変換すると時間を倍にすることが簡単にできることがわかりました。
 できるかぎりクリアな音源を選び、この操作をしてmp3に変換してアップします。
 たとえば、ウグイスはこのように聞こえます。

 「ホケキョ」のところが、「ホ、ケ、キ、ヨ」の抑揚がよりはっきりわかると思います。谷渡りも、微妙に音が変わっていくこともよりわかりやすく聞こえます。鳥たちが、かならず半分の速度で聞いているとは限りませんが、イメージはつかめると思います。
 では、ここからクイズです。
  第一問

 第二問

 第三問

 第四問

 解答は、コメント欄をご覧ください。

2020年3月 8日 (日)

昔あったことー野犬の群れ

 昔あったバードウォッチング中の危険なことに、野犬との遭遇がありました。
 ネガのスキャン作業で、出てきた小櫃川河口で遭遇した野犬です。1973年とメモには、あります。
Yaken-2

 こちらは、造成中の葛西臨海公園での野犬です。現在の西なぎさに渡る橋の付近ではないかと思います。1973年5月3日となっています。

7305035

 蒲谷鶴彦さんは「高尾山に行ったときに30匹くらいの野犬がゾロゾロ出てきて、あのときは本当に怖かった」と『放送レポート』(1992・7/8月号)のインタビューで語っています。1960年代のことではないかと思います。
 写真にはありませんが、私も現在の谷津干潟自然観察センターのあたりの埋め立て地で、20匹くらいの野犬に囲まれてことがあります。1970年代です。もちろんセンターはまだなく、一面の砂漠のような造成地が広がっていました。その砂の飛散防止のために高さ1.5mくらいのネットが護岸に沿って張られていました。そのネットを張るための杭に登って、犬たちがいなくなるのをひたすら待ったことがあります。
 バードウォッチングをはじめたばかりの1960年代頃は、板橋区付近の荒川河川敷がホームグラウンドでしたから野犬の群れとはよく会いました。だいたい早めに見つけて、野犬のコースを読んで回避していました。しかし、谷津干潟のときはシギチドリの数を数えるのに夢中になっていて、野犬の群れの接近に気が付きませんでした。
 なんだかあたりの気配が騒がしいと思ってプロミナーから目をはずすと、すぐそばに大きなイヌがいてびっくり。私は、イヌの群れの中にいましました。刺激しないようにそっと近くの杭に登ったと記憶しています。あとは、三脚にマーキングするなよなと願ったものです。
 昔のフィルムのスキャンは、作業をしながらいろいろ思いだし効率が悪いです。しかし、ぼけ防止には良いかもしれません。
 

より以前の記事一覧